関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

GSMケアに特化したLUNAエイジングケアセット・敏感肌の方への使用法

こんにちは!
ついに女性医療クリニックLUNA関連のLUNA プライドショップが、
ニューリアルオープンしました。

そしてGSMケアに特化したLUNAエイジングケアセットも、
ショップ経由で購入してくださる方が増えてきました。
ありがとうございます。

このLUNAエイジングケアセットは、
私、関口由紀が、女性医療クリニックLUNA ネクストステージで、
実際に患者さまにお勧めしているGSMに特化したケア化粧品です。

今回は患者さまに使用していただきながら工夫してきた、
より細かなLUNAエイジングケアセットの使用法に関して、説明したいと思います。
このブログを読んでくださるのが初めての方もいると思いますので、
まずはGSMとLUNAエイジングケアセットの説明をします。

GSMはgenitourinary syndrome of menopauseの略称で、
日本語訳は、閉経関連泌尿生殖器症候群です。
閉経による性ホルモン分泌低下によって生じる尿路生殖器の萎縮等の形態変化
およびそれに伴う不快な身体症状や機能障害の総称で、
GSMは慢性かつ進行性の疾患で、中年以降の女性の約半数が罹患していると報告されています。
症状は、外陰部乾燥感・灼熱感、排尿困難感・頻尿や尿意切迫感・反復性尿路感染症、性交痛などです。
予防には、日々の外陰・腟の保湿ケアやセックスの際の潤滑剤の使用習慣等が重要で、
ケアで症状が改善しない場合は、クリニックで女性ホルモンや男性ホルモンの全身や局所投与、
さらにはフラクショナル炭酸ガスレーザー照射などをおすすめすることがあります。

女性医療クリニックLUNAグループでは、
クリニックでおすすめする、GSMケアとしてLUNAエイジングケアセットを扱ってします。
セットは、2つの化粧品で構成されています。

LUNAプライドスキンプレミアム®は、
更年期障害の治療としてクリニックで使用される
ホルモン補充以外のサプリメントや抗酸化物質である、
ウマプラセンタ・イソフラボンアスタキサンチン・ビタミンC・ヒアルロン酸
生薬・アロマオイルを配合した美容液です。
ホルモードモアプラス®は、
保湿性の高いオリープオイルに2%のエストラジオール(女性ホルモン)を配合した美容オイルです。

使用法は、入浴後にこの2つの製品を、
1滴ずつ掌にとって混ぜてから外陰部全体に塗ります。
40歳~65歳は、1日1回。
65歳以上は、2日に1回を推奨しています。

さてこの標準的な使用法で、約80%の方に満足していただけますが、
約20%の方は使用にもう少し工夫が必要です。
LUNAエイジングケアセットを、用法どおり使用すると
かえってヒリヒリ感やかゆみが増す方の症状の原因は、
以下の3つの場合が多く、対応法も変わります。
GSMの症状が進行し皮膚が薄くなっているため、
LUNAエイジングケアセットの濃度が濃すぎて皮膚に刺激感がでてしまう。
⇒この場合は、市販のヘパリン類似物質クリームで薄めて使用していただくと効果的です。
(”ヒルドイド”で検索すると市販品がたくさんでてきます)

わずかなエストラジオールに反応して、カンジタ菌が増殖してしまう。
⇒この場合は、使用回数を減らすとともに痒みが強い場合は、
市販のカンジタ治療クリームを、適宜使用します。
(”カンジタ 市販”と検索するとクリームが検索できます)

GSM以外の接触性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、
扁平苔癬などの皮膚科の病気がある場合があります。
ステロイド軟こうで症状が軽快します。
(”ステロイド軟こう 市販”で検索します。)
しかし症状が1か月以上続く場合は、皮膚科や女性泌尿器・婦人科への受診が必要です。

また明らかに湿疹がある場合はGSMではありませんので、
これも、皮膚科や女性泌尿器・婦人科への受診が必要です。

症状が重症の場合も、速やかに皮膚科や女性泌尿器・婦人科へ受診したほうがいいでしょう。
さらにこの①~③の全ての患者さんは、皮膚が過敏性が上がっていて、
弱くなっていますので、パットの使用や化繊の下着の使用で症状が悪化する可能性があります。
パットは外出時だけに制限する。
下着は、木綿製品にするなどの工夫も必要です。

以上の対応でも症状がコントロールできなかったら気軽にクリニックに相談しに来てください。

お待ちしてます。

f:id:sekiguchiyuki:20190203192003j:plain

ドクター関口の下ネタトリビア(13)COUPLEPAUSE とHRT(HUSBAND REPLASEMENT THRAPHY)

現在ISSWSH2019に参加しています。
(The International Society of Study of Women’s Sexual Health:国際女性性機能学会)

この学会は、毎年1回。
女性の性機能に関して、専門家が議論する学会なんですが、
高齢カップルのセックスのニューパラダイムというシンポジウムの
イタリアのNappi先生の講演がおもしろかったので話題にします。

最初にスライドでいきなり出たのが、
“COUPLEPAUSE”(カップル終了)です。
婦人科医のNappi先生のMENOPAUSE(閉経)からとった造語と考えられます。

“COUPLEPAUSE”の原因の、
1位は、男性はED(勃起不全)で、女性は性交痛なんですが、
この女性の性交痛の原因が、
HSDD
Hypoactive Sexual Desire Disorder:性的意欲障害)
GSMなんです。
Genitourinary Syndrome of Menopause:閉経関連泌尿生殖器症候群)

閉経後のHSDDに効果があるのはテストステロン(男性ホルモン)で、
GSMに効果があるのはエストロジェン(女性ホルモン)の局所投与です。
性ホルモンの補充をHRTといいます。
Hormone Replacement Therapy:ホルモン補充療法)

HRTを適切に行えば、
女性は高齢になってもセックスができますが、
さらにもう一つ必要なのが、継続的にセックスを行う相手なわけです。
ここでまたまたNappi先生が作った造語が出現。
これがもう一つのHRTです。
HUSBAND REPLASEMENT THRAPHY:夫補充療法)
補充法は、
もともとの夫を再生させてもよし、新しい夫を補充してもよし、
女性の自由です。(笑)

イタリア人いいな〰


写真は、LUNAにもある、かわいい陰部のぬいぐるみ
VULVA PUPPETの作者との記念撮影。
さらに新しいぬいぐるみ購入しました。
これで横浜も心斎橋も、全診療室ぬいぐるみ完備になります。
お楽しみに!!
f:id:sekiguchiyuki:20190309011552j:plain

ドクター関口の下ネタトリビア(12)9価HPVワクチン(ガーダシル9)を、息子に打って、 モテる男にするというアイデア

女性医療クリニックLUNA 横浜元町で、
日本ではまだ医師個人輸入でしか供給されていない
9価HPVワクチン(ガーダシル9)を提供することを決定しました。

私は、間質性膀胱炎患者の治療の必要性から、
慢性疼痛症の治療を学び、現在線維筋痛症の治療もしています。
それで日本線維筋痛症学会にも所属しています。

日本線維筋痛症学会は、
世界に先がけてHANS症候群
(ヒト・パピローマウィルス・ワクチン関連神経免疫異常症候群)
の警告を行いました。

HANS症候群が、最初に報告されたのは日本ですが、
その後世界的にも発症の報告がされており、
HANS症候群は、スモン病
(1970年代に起こった下痢止めキノホルムによって起こる亜急性脊髄視神経症)と
同様の薬害であるとまで言い切っています。

ここまで極端な意見を発信する背景には、
原因不明の神経障害、HANS症候群の患者のうち、
もっとも重症な患者群を最初に診て、さらに現在も診療しているのが、
線維筋痛症患者を診療している医師であるということがあります。
確かに確率は低いですが、
HPVワクチンの投与によって重篤な不可逆性の神経障害が起こることがあります。

一方私は、女性医療に関わって20年、
自分でいうのも何ですが、女性医療に関してはかなり造詣が深いと自負しています。
こちらの立場から言えば、
先進国でHPVワクチン接種が極端に遅れているのは日本のみで、
少なくとも女性医療界では数十年後の日本は、
世界中でだた一つの子宮頸がんの患者が存在する東洋の奇国になってしまうと騒がれています。

さらにHPVが関与する癌は子宮頸がんだけではなく、
若年性の咽頭がん肛門がんの発症にも、HPVが関与していることが明らかになっています。
さらに予防できるHPVの数はどんどん増加して、
9価HPVワクチン(ガーダシル9)では、
子宮頸がん喉頭がん肛門がんの予防だけでなく、
尖圭コンジローマという難治性の性行為感染症の予防もできるようになってきました。
そのため先進国の高所得の家庭では、娘だけでなく息子にも接種させるようになってきています。

この大きな2つの流れの中に身を置いてみて私が出した結論は、
ワクチンの接種は、個人の選択に任せるしかないということです。
つまりワクチンを打つのも、打たないのも、
情報を得た個人が自己決定して行うのがいいと思うのです。

そう考えてみると日本の現状は、
最新のHPVワクチンを打つという選択肢を選択できる窓口が、まだまだ少ないと思います。
それでガーダシル9の、自由診療による接種を開始したのです。
日本人は、あえてリスクを取らないことで生き残ってきた歴史が長い、本当に保守的な民族です。
それはそれで素晴らしいと感じていますが、
しかし情報スピードが速くなった現在、“リスクを取らないリスク”もでてきていると思います。
つまり9価HPVワクチンを打たないことでHANS症候群にはならなかったが、
現代では避けれたはずの子宮頸がん・喉頭がん・肛門がんや
尖圭コンジローマになってしまうリスクがあるんです。

ところでHANS症候群にもならず
子宮頸がん・喉頭がん・肛門がんや尖圭コンジローマにならないためには、どうすればいいか? 
簡単です。

セックスしなければいいんです。

でも人間が哺乳動物である以上、生殖はセックスで行いますので、これは無理です。
童貞・処女で結婚し、一生同一パートナーとしかセックスしない。
これもいい案です。
しかし自分は、貞節を守っても、パートナーに貞節を完璧に守らせることができません。
なぜならパートナーは、自分ではなく別の人間だからです。

HANS症候群にもなりにくいHPVワクチンの打ち方はある
と考えられています。
女性ホルモンの分泌が不規則で、
それによる精神状態のアップダウンも激しい若年期を避けて、
接種年齢を18歳以上くらいにするという考え方です。

なぜかと申しますと、
HANS症候群の類縁疾患である線維筋痛症は、脳の病気であると考えられていて、
発症には、脳内ホルモンのバランスの悪さが関与していると考えられているからです。

私は、脳内ホルモンのセロトニンやアドレナリンがちょっと低下すると、
うつ病になる前に線維筋痛症になる人がいるんだろうなーと思っています。
(脳内のセロトニンやアドレナリンを増やす薬が、
線維筋痛症の治療薬として現在認可されています。)

思春期や更年期は、線維筋痛症になりやすいのですが、
これは女性ホルモンの分泌が不規則で不定期だからだと考えられます。
なぜならば、低容量ピルやホルモン補充(HRT)を行うと痛みが緩和するからです。
しかしそうするとワクチンの効果を最大限に上げるためには、
18歳までセックス禁止がベストということになります。

現代の若者の性行動を考えると、これも非現実的です。
それでこれからは私の提案なんですが、

○自分の人生を返りみて、自分の処女喪失年齢が遅かった母親は、
 娘には高校卒業くらいにHPVワクチンを接種させる。

○一方自分が中学生の時からセックスしていた覚えのある母親は、
 娘が、中学1-2年にHPVワクチンを接種させる

というアイデアはどうでしょうか?
性行動が盛んかどうかは文化の影響もありますが、
テストステロン(男性ホルモン)の血中濃度も関与していると言われています。

ぶっちゃけた話、母がセックス好きなら子供もセックス好き、
母がセックス嫌いなら子供もセックスが嫌いな確率が高いと予想されます。
(あくまでも確率の問題ですよ。)

さらに息子を“女にもてる男”にしたい親は、息子を説得して、
息子にHPVワクチンを接種するというのは、どうでしょうか?

テストステロン(男性ホルモン)の血中濃度は、男性は女性の10倍。
さらに血中濃度のアップダウンは、高齢男子にはあっても若年男子の場合はあまりありません。
テストステロンは、セロトニン、アドレナリンに次ぐ
重要な脳内ホルモンのドーパミンの濃度をあげる元気ホルモン。

若年女子に比べて、攻撃性が高い男子は多いでしょうが、
抑うつ的な男子は、女子よりもすくないはずです。

さらに女性にもてたいと切望する息子は、複数の女性とセックスしても、
決してパートナーの女性にHPVを移さない男になれるんですよ。

これは、女性に対する強力なセールスポイントになると思います。
モテモテまちがいなしです。

f:id:sekiguchiyuki:20190107223131j:plain

ドクター関口の下ネタトリビア(11)トルストイ著アンナ・カレーニナをまんがで読んでみた。(2)

さて次に読んだのが、
アンナ・カレーニナです。
これは、男女関係一色の内容でした。
(しつこいですが、あくまでもマンガではです。)

ロシア革命
農奴解放も
男女関係も
同列の問題なんですよ
人間にとっては・・・・
(これは同意できます。)

ざっくり言うと
貴族で、一人子供がいる絶世の美女妻アンナ・カレーニナに、
若いイケメン貴族が猛アタック。
夫との生活に、満足していなかったアンナは、若い貴族との不倫に走ります。
ここにこの若いイケメン貴族を好きになって振られた女性と
この女性を好きな男性との話も織り込まれています。
結局この振られた者同士は、後々結婚して、
男性のほうは、人生の意味をとかを考えるんです。

一方いくつかの事件の後
夫・子供と別れ
若いイケメン貴族とアンナは暮らし始めます。
しかし
ロシアの法律と子供への未練で、離婚できないアンナに
若いイケメン貴族の気持ちは少しずつ盛り下がり
さらにイケメン貴族の実母は、若い女性をイケメン貴族に勧め
最終的には若い女性とイケメン貴族の浮気を疑ったアンナは、
鉄道に投身自殺してしまうという内容のようです。
(くどいですが、マンガしか読んでませんよ。)

トルストイ
オーなんという、身近な話題を扱っているのか!
というのが最初に印象です。

アンナの結末が悲惨なのは、
19世紀のキリスト教社会では仕方ないと
ウキペディアには、書いてありました。

さらにウキペディアによれば
このアンナ・カレーニナは、ロシアの新聞連載小説だったそうです。

現代でも
生活力のある夫と、かわいい子供を捨て若い男に走る美女は、
バッシングの対象となりますが、
19世紀ロシアでは、とっても非社会的な新聞小説だったんでしょうね。
日経新聞に“失楽園”が連載されている時に、
日経新聞の発行部数が伸びたそうですが、
これと似たような現象がロシアでも起きたのではないでしょうか?

さてアンナは、投身自殺する時に神に救いを求めるんです。
もしアンナが、日本女性だったらこれはないでしょう。
ここからアンナが日本女性だったらという
妄想が始まるわけなんですが、

パターン
どんなに夫が、つまらない男性であっても
すくなくとも子供が成人するまでは、添い遂げる。
(セックスするしないにかかわらず)

パターン
若い男性に、はしった場合
その男性の浮気を疑ったら自殺せず
心中を強要する。

パターン
若い男性に、はしった場合
その男性の浮気を疑ったら
その若い男を見限って次の男性に乗り換える。

パターンは、
まだまだ標準日本女性

パターンは、
超古典的日本女性
歌舞伎にいるタイプ

でもアンナが現代日本女性だったら
パターンでしょう。

だって年下男性がそそられる超美人なんですよ。

それに
子供に未練があると言ったって、
その子を置いてすでに1回男と逃げたんですよ。
開き直らないとその後の人生生きていけませんよ。


しつこいですが、
マンガしか読んでませんから!
ここまで書いたら
ちゃんと小説も読んでみようかなと思っている
今日この頃です。
f:id:sekiguchiyuki:20190217152545j:plain

ドクター関口の下ネタトリビア(11)トルストイ著アンナ・カレーニナをまんがで読んでみた。(1)

とてもひさしぶりの下ネタトリビア
このコーナーを、とても楽しみにしてくださる方が多く
早く次回を書くように要望されていたんですが、
このブログの目的は
女性医療クリニックLUNAグループの認知度を高める
ということですので、ついつい後回しになっておりました。

さて今回は、トルストイアンナ・カレーニナです。
しかし正直言いまして、
トルストイは、敷居が高いような気がして
最も読書する中学・高校時代に避けてしまい、読んでいなかったんです。

ところで
読書を電子書籍でするようになったこと・・・
さらに老眼の進行で、1日に読める文字数が制限されてきたことの
2つの理由で、最近マンガをよく読むようになりました。

まんがで読破シリーズは、現在139冊でているそうです。
私は、なにかの論説番組で、
中国の習近平が、望んでいる社会は、
ジョージ・オーウェル作“1984”のような社会だと言っている人がいて、
興味を持ち、その本を検索したら、
“まんがで読破”シリーズになっていたので、
さっそく購入して読んでみたのが
このシリーズを読むようになったきっかけです。
はっきり言って、このシリーズ
あらすじが追える程度の内容です。

しかしあらすじも知らない
世界の名作のあらすじを知るのも重要だと思うんです。

それで、
中学・高校生の時に読んでいなかったトルストイ読んでみました。
最初に購入したのは、戦争と平和
ナポレオンが、ロシアの冬将軍に撤退を強いられたという話は有名ですが、
この話をロシア側からみた小説でした。

次によんだのが“復活”
カチューシャという美しい女性が、メイドの時に若い貴族の犯されて妊娠、
結局娼婦となり殺人事件に関与、
無実の罪を着せられたのを、もと若き貴族がたまたま目撃。
この貴族は、カチューシャを助けようするという話でした。
この2人の関係に農奴解放という社会問題が、からんできます。

この物語(あくまでもマンガでの話)
興味深かったのは、

19世紀のロシアで女性が結婚せず、
一人で生きていくための職業は、

1、低賃金の工場労働
2、雇い主の性的パートナーになることを前提としたメイド
3、政府公認の娼婦

しかないと言い切っていた点です。

カチューシャは、この3つの選択肢のなかで
自分の“美人”という優位性を生かせるのは
娼婦であると選択して娼婦になっていきます。
貴族は、
カチューシャが娼婦に身を落としたのは自分が原因だと思い、
彼女を救うために、とても努力するんですが、
カチューシャにとっては結構大きなお世話として描かれています。

この結婚か娼婦か低賃金労働の3択しか女性の人生に与えられていなかったのは、
19世紀のロシアにかぎったことではなく、
先進国と呼ばれている国でも、
ざっくり100年くらい前までは普通の状態でした。
世界的にみれば
この状態の中で生活している女性が、まだ多数派かもしれません。

f:id:sekiguchiyuki:20190217152545j:plain

Netflixの最近のCMは、オバハラである。

最近のNetflixのCMが気にいりません。
わざと老けたメークをした女優のYOUが
恋愛映画をNetflixで観て、
自分の過去の恋愛を想い出し、
思い出に浸るという内容なんですが、

これってオバハラではないでしょうか?

高齢女性のNetflix利用率を
上げたいための広告でしょうが、
年取った女性は、もう恋愛現役引退して、
映画でもみて暮らすのが幸せなのだと
押しつけれている気がします。

実年齢がもっと高齢なのに、
元気な女優を起用して
その女優が、
Netflixで素敵な映画をみた後に
デートにでかけるなんて演出もできたはず。
Netflixさん、おばはんなめてませんか?
f:id:sekiguchiyuki:20190216132328j:plain

月経(生理)と妊娠・出産は、冷静に考えれば 煩わしいものである。 ~年代別女性ホルモンコントールのすすめ~(3)

月経(生理)があるということには、
① 卵巣が女性ホルモンを分泌している。
② 妊娠可能である。

の2つの意味があります。

①に関しては、
月経(生理)の頻度は3~4か月に1回くらいで充分です。
②に関しては、
妊娠確率を上げるためには、月1回月経(生理)が来ることが望まれます。
月経不順は、排卵回数が少ないことが多いので
結果として多くの場合、妊娠能力が低いことを意味します。
(妊娠しないということではありません。)

さて先ほど
卵巣が女性ホルモンを分泌していることの確認には、
年に3~4回月経(生理)が来ていれば充分と話しましたが、
血液検査で、
女性ホルモンのうちエストラジールが50pg/ml 以上くらいだと、
時々月経(生理)が来てしまいます。
またこのくらい以上だと、年に3~4回くらい月経(生理)が来ていたほうが、
子宮内膜のターンオーバーが行われるので、
子宮体癌になりにくいというメリットもあると言われています。

閉経するとエストラジールは、
30pg/ml 以下くらいになってしまいますが、
15~30pg/mlくらいあると
GSM(閉経関連尿路生殖器症候群)になりにくいとか
骨粗鬆症や、動脈硬化や、皮膚の老化が進行しにくい。
というメリットがあります。

一方10pg/ml以下になると、測定限界値以下になってしまい、
GSM、骨粗鬆症動脈硬化、皮膚の老化などが起こりやすくなってきます。

以上まとめますと
① 子供が欲しい場合は、40歳以前に勢いで妊娠したほうがいい。
  月経(生理)は、毎月あるようにコントールしたほうがいい。
  月経不順の人は、婦人科にかかった方がいいでしょう。
  (女性医療クリニックLUNAでは、不妊治療を行っています。)

② 子供を望まない女性で閉経前ならば、年に3~4回は、月経(生理)はあればいい。
  これ以下の場合は、婦人科に受診して月経(生理)を起こされたほうがいいでしょう。
  (女性医療クリニックLUNAでは、月経不順の治療もしています。)

③ 閉経後でも、GSM、動脈硬化骨粗鬆症、皮膚の老化等の予防のために
  エストラジオールが測定できるくらいの高さで維持したほうがいい。
  (女性医療クリニックLUNAでは、
   全身&外陰・腟の女性ホルモン&男性ホルモン補充をしています。)

以上問題のある方は、ぜひ相談にきてください。
 f:id:sekiguchiyuki:20190212090643j:plain