ドクター関口のちょっとセクシーな女子会ブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

ドクター関口のちょっとセクシーな女子会ブログ~60日間入院して3回死にかけました。(4)~

さて黄疸があった頃に
もっとも辛かった症状の1つが
強烈な排尿痛と排便痛なんですが、
実は、主治医に隠れて(笑)
痔の治療と
エイジングケアセットによる
(LUNA PRIDEショップ参照してください。)
GSM(閉経関連尿路生殖器症候群)のケアを
連日しておりました。
また入院から10日間は、
入浴はできませんでしたが、
それ以後は、平日は1日おきに
シャワーを浴びさせてもらい
陰部を洗いました。

ちょっと話がそれますが、
入浴は、とても体力を使います。
ですから重病の時はあまり
入浴しないのが原則です。
ですから私も
入院中は浴槽に浸かることは
しませんでした。
シャワーもできるだけ短時間にしました。
(でもとても陰部の調子が悪かったので、
シャワーはどうしても浴びたかったんです。)
最初は、シャワーは1日仕事。
入浴後はとてもとても疲れて、
その後は一日ゴロゴロしていました。
髪の毛にドライアーをかけるのも
つらく、妹にしてもらっていました。
現在は、退院して自宅療養中で、
まだゴロゴロしていますが、
バスタブに浸かったり、
入浴後髪の毛を乾かした後でも
そんなに疲労感を感じなくはなってきて
とても幸せを感じています。

さて話を、排尿痛と肛門痛にもどしますが、
黄疸のあるうちは、
茶色のビリルビン尿による
膀胱刺激による頻尿と、
強烈は排尿痛、
さらに白っぽい便による頻便と
これも強烈な排便痛がありました。
陰部痛専門の医師である私が、
完璧にケアしても、
頻尿と頻便があるうちは、
すこしずつはよくはなりましたが、
陰部痛が完全に改善することは
ありませんでした。

頻尿と頻便を改善しないかぎり
鎮痛のための薬をいくら使っても
陰部痛を治癒することは困難だと
今回のことにで、
専門医ながら学びました。
またいくら陰部の粘膜を治療しても、
尿や便の内容に
粘膜刺激ある物質が含まれていると
陰部痛は完治しないことも
強く認識しました。
f:id:sekiguchiyuki:20201019094827j:plain

ドクター関口のちょっとセクシーな女子会ブログ~60日間入院して3回死にかけました。(3)~

どんなに辛くても、生きていれば、かならず朝が来ます。
集中治療で、ASTは週明けには低下傾向となり血漿交換や肝移植の危機は脱し、
転院せず横浜中央病院に継続して入院させていただけることになりました。

一安心です。

しかし体調は、これからどんどん良くなるのかと思っていたら、そうはいきませんでした。
肝不全を甘くみていはいけません。

ASTの低下とともに、ビリルビンはどんどん上昇して、最悪は、約30になりました。
結果としてひどい黄疸になり体中が黄色くなります。

これは主治医グループの先生たちにとっては想定の範囲内のことでしたが、
周囲の人々にとってはもっとも特徴的な変化です。

今でも、あの時は真っ黄色だったね~
と家族に言われます。

本日の写真は、
次男がとった、最高に黄疸がひどい時と、
黄疸が改善した時の約40日間の変化の写真です。
なかなか刺激的なショットですよね。

でも黄疸の悪化に関しては自分自身は、毎日の変化なので、
体の色の変化は、そんなに気にならなかったんです。

体が痒く、微熱があり全身倦怠感と食欲不振が続きました。
毎日ゴロゴロしているしかありません。
文字は、読む気がしません。

また大量のステロイドを止めたことやインターフェロンの継続のためか、
点滴の量が減るとともに、不安が増し気分は落ち込込んいきました。
さらに頻便と頻尿があり激しい陰部痛が起こりました。

(2)前へ
(4)まだ
f:id:sekiguchiyuki:20201018094605j:plain

ドクター関口のちょっとセクシーな女子会ブログ~60日間入院して3回死にかけました。(2)~

ASTが8000近くになって、
ステロイドの大量投与
インターフェロン投与
・抗ウィルス薬投与
・肝庇護剤投与
血漿投与等
が行われました。

週明けに血液データが改善しなければ転院と言われ、ただ寝ていたわけですが、
体温は38度以上が続くし、
なんとも言えない全身倦怠感と消化器の不快症状がありました。

現在できるかぎりの治療を行ってもらっていると納得はしていても身の置きどころがない感じ。
こういう状態の先に、生き残る人と死ぬ人がいるんだろうな〰
昨年亡くなった母もこんな感じだったんだろうな〰
と考えていました。

(1)前へ
(3)次へ
f:id:sekiguchiyuki:20201016091239p:plain

ドクター関口のちょっとセクシーな女子会ブログ~60日入院して3回死にかけました(1)~

ご無沙汰しています。
実は、約60日間入院していました。

8月6日にお誕生日検診したんですよ。
そうしたら肝機能(AST)が約600だったんです。
8月7日午後に横浜中央病院を受診したんですが、
この時はとても近い横浜中央病院まで歩いていけず車に乗っていきました。

そうしたらASTが約1200で緊急入院となりました。
3週間くらいの入院予定ということでしたが、
翌日、翌々日と
ASTは、約3000、約8000と急速に悪化し、
主治医から家族に、すでに肝不全の状態

これ以上悪くなったら転院してもらう。
血漿交換と肝移植とかの可能性があると説明されました。

家族も私も、まさに狐につままれた状態です。
肝移植のドナーは、若いほうがいいのだそうで、
息子2人は、しばらく一切の薬は飲まないようと言われました。
f:id:sekiguchiyuki:20201015101426p:plain

ドクター関口のちょっとセクシーな女子会ブログ~中高年女性の性交痛の原因(パートナーの問題かもしれません。)~

こんにちは、

中高年女性の性交痛の原因の大きな問題が
GSM(閉経関連尿路生殖器症候群)です。

女性ホルモンの低下による
外陰部や腟の皮膚・粘膜・皮下組織の劣化が原因で起こる

  • 陰部の不快感
  • 尿のトラブル
  • 性交痛

が3徴です。

LUNAでは、
性ホルモン様抗酸化物質入り美容液
”LUNAプライドスキンプレミアム”
エスラジオール入りオリーブオイル
”ホルモードモアゴールド”を、
入浴後に手掌で混ぜてから腟・外陰に塗る
エイジングケアセットをGSMケア用品として推奨し、
LUNAプライドショップでも販売しています。

しかしGSM所見は
軽度で、骨盤底筋の収縮もしっかりしているのに
性交痛を主訴に来院される中高年患者さんもたくさんいます。

この方々には、セックス指導をしています。
指導の要点は、3点です。
①潤滑ゼリーをたっぷり使用する。
②パートナーに勃起補助薬を使用してもらう。
③騎乗位中心でセックスする。

です。

中高年からのセックスは、
プレイ的な要素が大きくなります。
”濡れが悪くなったことを補充するゼリー”という
ネガティブな印象は捨てて、パートナーとヌルヌルプレイを楽しみましょう。


やわらかいペニスを無理して挿入して
女性の自由がきかない正常位で押しつけると女性側は痛いんですね。
ベニスは硬いほうが女性は痛くないんです。

ですから勃起補助薬を積極的に使用しましょう。
性機能障害が専門の男性の泌尿器科医たちは、
だいたい40歳くらいから勃起補助薬の使用を開始します。

なぜなら
勃起補助薬には強い抗酸化作用があり
動脈硬化を予防するので、EDの悪化を防ぐからです。

つまり勃起補助薬の使用は、体にいいわけです。

さらにセックスの体位は、正常位から騎乗位中心にしましょう。
騎乗位は、女性が自分の快感や痛みをコントールしやすい体位です。

欧米では、
騎乗位が正常であるとも言われています。
解剖学的に
クリトリスと腟との距離が長い場合
腟の長さが、ペニスにくらべて長くベニスの先端が後腟円蓋(ポルチオ
にとどきにくい場合などは、
正常位より騎乗位のほう
オーガズムに達しやすくなります。

以上
大人の性教育でした。
f:id:sekiguchiyuki:20200727134300j:plain

ドクター関口のちょっとセクシーな女子会ブログ~不倫容認派も混乱する「渡部不倫」は何が問題だったのか~

こんにちは

今回は、
”不倫容認派も混乱する「渡部不倫」は
何が問題だったのか
最低限の"人への敬意"が欠けていた”

https://president.jp/articles/-/36912
の記事の話題です。

女性の恋愛に関して20年以上取材を続ける、
フリーライターの亀山早苗氏の記事です。

目が疲れるにもかかわらず、
ついついネットニュースを読んでしまう今日この頃ですが、
この亀山さんの記事が
数ある渡部不倫記事の中では一番説得力がありました。

この亀山さんの著作には
”人はなぜ不倫するのか”(2016年)がありますが、
私は、たいていこういう題名の本は既読ですので、

あー真面目なあの本の著者の記事なんだと思って
好意をもって読みました。

不倫容認派系の方の記事ですから、
不倫問題は、プライベートな問題であり、
不倫を批判することが妥当なのは不倫された妻や夫のみであり
他人がとやかくいうことではないという立場を表明した上で、

今回の件は、不倫ではない。
女遊びであるとしています。

なぜならば
不倫には、恋愛感情が必須だからだそうです。

さらに男も女も遊んでもいいが、
遊び相手への最低限の敬意は必要で、
渡部氏は
この最低限の人に対する敬意に欠けていたとしています。

これには、同感ですね。

一方文中で芸能人だから対面もあり水商売系女子に行けなかったのかも
というくだりがあるんですが、
たぶんお作法を大切にする日本のプロの水商売の女性達にとって、
最低限の"人への敬意"が欠けている男子は、軽蔑の対象ですから、
渡部さんは水商売女子からはモテなかったんだと思います。
さらに
渡部氏は女遊びが好きだったわけでなく、
呼べはすぐ来てセックスをさせてくれる女子が複数いる男子である自分が
好きだったのではないかと考察しています。

なるほど~

射精が嫌いな男子は珍しいと思いますが、
セックスは、
実はそんなに好きではない男子は、
今も昔も意外と多い気が私もしますね。
亀山早苗氏の次の仕事に期待します!!

f:id:sekiguchiyuki:20200716182501j:plain

ドクター関口のちょっとセクシーな女子会ブログ~「ちつ力」メソッド~

こんにちわ。

本日は、夏目祭子著
「ちつ力」メソッドです。

この夏目さんは
以前はダイエット系の本を出版されていしたが、
2017年に性の真実(セクシャルパワー)はなぜ封印され続けるのか?
でこのフィールドに鮮烈デビューされました。

女性は、
森を散策してセクシーな大木(たいぼく)とまじわって
オーガズムを感じることができるんだという主張を読んだ時、

なるほど

生身の男性がいなくてもいいのか!と
感動したことを覚えています。

「ちつ力」メソッドは、夏目祭子さんの最新刊です。

夏目さん曰く
人生を豊かに過ごしている女性達は、
①自己肯定感が高い
②日常的に「快感」を十分味わっている

のだそうです。

それでこの2つを達成するために
夏目さんが編み出したノウハウが書かれているのこの本です。
独自の全身マッサージとか
腟・外陰のケアや
レーニング法、
メンタルの心構え等が展開されています。

私がこの本の中でおもしろいなーと思った箇所は、
生理の出血(月経血)の取り扱い。

私は、

哺乳類は、湿っている場所でないと生殖できないので、
女性の腟・外陰部は湿っているのが正常で乾燥しているのが異常。
だからオリモノはあるのが正常。
オリモノシートは
オリモノが多い排卵前後と月経前だけに限定して使用し
普段は、木綿のパンツをはいてクロッチの部分の汚れが
洗濯でとれなくなったら新しい下着に買い替えろと

いつも主張しています。

夏目さんの生理の出血の取り扱いに関する考え方は
この考えをはるかに越える発想です。

生理は、
1か月に1回、
体の中の不要なものを排泄する重要な現象。
しかし生理痛や下着や衣服を汚してしまう不安、
紙ナプキンの不快感等で無意識のうちに女性の自己肯定感を下げている。

しかし生理の出血には栄養分はたくさん含まれている。
皮膚にやさしい布ナプキンにして
布ナプキンを洗ったあとの水は、プランターにまきなさい。
そうすると植物が良く育って女性の肯定感はあがります。

と説いています。

なるほど

米のとぎ汁を洗顔に使ったり
お風呂の水を洗濯に利用したり
に通じる主婦の発想。

いいかげんにしか家事をしない
私には、できない発想です。

人は、
スピリチャルが好きな人と嫌いな人がいますが、
特にスピリチャル好き系女子にお勧めのセクシー教則本です。

f:id:sekiguchiyuki:20200713103145j:plain