関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

東京タラレバ娘 1 ネタバレ 28歳ー33歳が、女性の医学的結婚適齢期です。

昨日の漢方研究会ネタ、アクセスありました!また漢方ネタしたいと思います。
しかし本日は、新しいマンガネタバレネタです。
今回は東京タラレバ娘のネタバレで行こうと思います。
理由は、テレビドラマになったけれど、マンガのほうが、テレビより後の終了だったので、結末が違う(らしい・・・私はテレビの番組をみていないので、正確にはわかりません。)からと、
女性専用のラブグッズ専門店ラブピースクラブの社長にして作家 北原みのりさんが、
いまさらこの漫画を出す意味もわからないと言っていたからです。
 主要登場人物は、33歳の女性3人、脚本家の倫子、ネイリストの香、居酒屋の娘 小雪の3名、
3名は親友で、事あるごとに小雪の店に集まり飲み会(女子会)をしています。
飲み会招集には、第1出動 暇飲み、第2出動 仕事の愚痴、第3出動 文句、第4出動 男がらみの相談の4つがあります。
初回の第4出動は、脚本家の倫子に10年前に振られた、ディレクターの早坂が、ふたたび倫子にアプローチをかけてきそうというネタではじまります。
女子会でこのネタで盛り上がった倫子、早坂と10年ぶりにデートしますが、
早坂の告白は、倫子のアシスタント19歳のマミと付き合いたいということだったんです。
このショックなネタを、居酒屋女子会で話していると、突然近くから、3人をディスる声が、
これが金髪モデルの25歳KEYでした。
KEYは、3人に対して”行き遅れ女の井戸端会議。タラレバつまみに酒をのむタラレバ女”と言い放ちます。(続く)
 
 この33歳で、女性が、それまでいいかげんに考えていた結婚を真剣に考え始めるのは、医学的には正しいと思います。
女性が、自然妊娠で簡単に妊娠できるのは、35歳くらいまでだからです。
不思議ですが、28-33歳くらいの女性は、男性の好みが変わるんですよ。
27歳までは、好みでなかった男性を好きになったりすることはよくあります。
妊娠するために、パートナーとなる男性のターゲットが広がるんですね。
しかしこの広がったターゲットも34歳くらいから、また戻ってしまいます。
ですから私は、28-33歳の独身の患者さんには、今付き合っている人とすぐ結婚しなさいと指導します。
現在付き合っていない患者さんには、この次付き合った人と、迷わずにとにかく結婚しなさいと指導します。
子供が欲しい場合は、とりあえずその期間に1人作っておくことが重要です。その後のことは、その後に考えるのがベターです。
倫子も、3年前くらいに、自分から早坂に声をかけたらよかったんですが、ちょっと遅かったですね。