関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

LUNA GSM外来新設します。

GSM-閉経後外陰尿路症候群-とは
閉経後の女性ホルモン低下に伴う、
外陰・腟の萎縮変化およびそれに伴う不快な身体症状症候群で、
慢性かつ進行性疾患であり
(つまりゆっくりであるが、どんどん進行する)、
閉経後の50%以上の女性が、なんらかの症状に悩まされています。
GSM症状は、
腟乾燥感、腟・外陰のムズムズ/灼熱感/掻痒、
尿失禁、頻尿・尿意切迫感、排尿困難感、
性交時の潤い不足、性交痛、性的欲求低下・オーガズム低下

などですが、
3大徴候は、
“デリケートゾーンのかゆみ”
“尿モレ”
“セックスの時の痛み”
です。

LUNAでは、GSMの専門外来を新設しました。
GSMに関して詳しい女性医師が、まず症状をお聞きした後、
尿検査と外陰部の診察をさせていただき、
症状と所見から今後の生活に関してご指導させていただきます。
さらにGSM治療に必要な、
保湿剤・美容液・女性ホルモンクリームを処方させていただき、
個別に使用方法も説明させていただきます。

診療費は、
保湿剤・美容液・女性ホルモンクリーム
LUNA GSMトリートメントセット込みで
初診21600円(税込)です。

LUNA GSMトリートメントセットのご使用で、
充分な治療効果が認められる場合は、
その後は、一般外来に通院をお勧めしています。
また他の泌尿器科・婦人科系の治療が必要な場合も、
GSM治療の後一般外来に通院していただきます。

追加の治療が必要な場合もあります。
① 外陰や腟の萎縮が重症の場合、または早期の症状を改善したい場合
⇒フラクショナル炭酸ガスレーザーの治療をおすすめします。
(1回税別5万円、最初は1か月ごとに3回施行がおすすめ。)
さらに皮下組織のコラーゲンを増やし、ふっくらした外陰や腟をめざす場合は、
高周波治療をお勧めします。(1回税別10万円)

② 骨盤底筋群がゆるんでいたり、反対に固くしこっている場合
⇒骨盤底リハビリテーション(1回税別5千円 3~4回がおすすめ)、
ピフィラティス、(1回税別1万~2万円 3~10回がおすすめ)で、
骨盤底筋群のパワーをアップ、またはリラックスさせる治療をお勧めします。

③ 性交痛がメイン症状の場合
⇒骨盤底リハビリテーションに加え、
潤滑剤やダイレーターの使用をお勧めすることがあります。
f:id:sekiguchiyuki:20180401101138j:plain
f:id:sekiguchiyuki:20180401101150j:plain