関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

突然ですが、黄昏流星群 55 ネタバレ

突然55巻からのネタバレですが・・・

数日前に最新刊を予約で購入したので、こちらの話をします。

この黄昏流星群ですが、
島耕作シリーズの弘兼賢史氏の短編小説集で、
1995年からビックコミックスピッツに連載されているコミックです。

共通するテーマは、主人公が40歳以上
(最近は、60歳以上)。
すでに若くない男女のラブロマンスが、
各物語の主軸になります。

55巻もでていますから、
色々な立場の男女が、色々な場面で出会うんですが、
大抵は、ほんわかとしたハッピーエンドになります。
今回は、第1話 嶺上恒星がよかったので、
その話を・・・・

64歳の麗子は、
死別した夫や子供たちと住んだ家を手放し、東京の下町で一人暮らしを始めます。
そこで同じマンションの住人に老人麻雀サークルに誘われます。

ある日麗子は、夜のコンビニで小銭が足りなくなった時に、
すてきな白髪の男性に、立て替えてもらいます。
この男性長治は、中華料理屋の店員で、以前はプロ雀士

2人は惹かれあい、交際をはじめます。
しかし老人麻雀サークルには、
以前長治が、麻雀中にイカサマを見抜いた、
元いかさま雀士が所属しており、麗子を口説きます。
結局、昔のプロ雀士といかさま雀士は、
3日間の2人の麻雀で、勝負をします。

結果的に長治は、勝負に負けて町を出ていきます。

麗子は、長治から来た手紙の消印から長治を探す旅に出て
最後に2人は再会
海辺に小さな雀荘を作って、暮らしはじめます。


今回の60代の恋愛では、
お互いは、一人暮らしであると確認しあった後、
最初は、女性のほうから言葉で積極的に誘うんです。

現在の中高年が、若年である頃は、
女性は、男性に対して非言語的に誘うのがベストで、
言語的な最初のアプローチは男性のほうからしてもらったほうが、
結婚できると言われてました。

しかし60歳代ならば、
もう女性も結婚にこだわる必要なし。

麗子は、中華料理屋の外でバケツを洗っている長治に、
”お仕事終わったら、これからいっしょにお食事しませんか?”
とか、
何回か食事した後、入れ墨のある長治に麗子のほうから
”紋々(入れ墨)見てみたい。”
と言語的に誘っています。

こんなにうまくは行かないかもしれませんが、
こんなにうまく行ったらいいな・・・

と思わせる1話です。