関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

ポーの一族 春の夢 ネタバレ3

ブランカノアは、
16歳と11歳の姉弟で、ユダヤ系ドイツ人。
ナチスの迫害を逃れるために、両親と別れて、
おばをたよってイギリスに移住している。

ブランカは、ドイツ人であることや幼い弟を育てるために
かなりストレスフルな生活を送っていて暗い

ここに現れるのエドガーアラン

ちなみにエドガーアランは、
主にイギリスとドイツで生活をしていて、ドイツの学校に行っていたこともある。


2人がドイツ語のレコードで、
シューベルト春の夢を聴いていると、
ドイツ語に反応して弟のノアが、2人の家にやってくる。
ノアをさがしてブランカもやってきて、4人は知り合いになる。


 ブランカは、やさしい態度のエドガーに、すこしずつ心を許し、明るくなっていく。
一方アランは、エネルギー(気)不足で体調不良。

その治療のために、友人のバンパイヤフォルカを呼び寄せる。
フォルカはスラブ系の別系統の吸血鬼で、
女装した成人男性だが、テレポーテーションの能力もある。
フォルカの力で、アランは元気を取り戻す。


 ところでおばさんの夫 オットマー氏は、奇病になっている。
オットマー家の男性は、50歳を前に極度の睡眠障害になり死んでしまうのだ。
しかし妻や母などが望めば、再び吸血鬼としてよみがえることができるという家系なのだ。


(続く)