関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

ポーの一族 春の夢 ネタバレ 2

 さてリーベルを、バンパネラにさせないために、
エドガーは、リーベルが、6歳の時に別の土地に預けることを望む。
しかしその後、リーベルが13歳になった時に、リーベルの前に現れてしまう。

この頃リーベルは、実父の伯爵の養女のとなり、幸せな日々を送っているが、
彼女は、バンパネラになりエドガーと生きることを選ぶ。


 1880年ごろ、
ポーの村に住んでいたエドガーリーベルは、
養父母の役割を担うポーツネル夫妻とともに、新しい血を求めて都市に移り住む。

この時の新しい血を得る作戦は、結果的に失敗し、
ポーツネル夫妻とリーベルは死んでしまう。

一人生き残ったエドガーは、
学校の同級生アランを新しいパートナーに選び、2人の新しい旅が始まる。

二人は一緒に、20世紀を生き抜くが、
1976年ごろアランが、焼死してしまう。

たくさんのエビソードは、
エドガーリーベルペア
または
エドガーアランペア に
遭遇した人々の人間模様として描かれている。


今回のポーの一族 春の夢では、
1944年前後の第2次世界大戦末期
イギリスの田舎町ウェールズ地方アングルシー島が舞台
である。