関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

子宮脱や膀胱瘤の手術の後に尿が漏れたらLUNAに来てください。(改訂版)

すこしブログさぼってました。
さて今回は、LUNAマーケティング
武田さんのリクエストです。
(武田さんの指摘で、改訂しました。)

最近子宮脱や膀胱瘤(以下骨盤臓器脱)
の手術をしてくれる病院が増えてきました。
これまで骨盤臓器脱は、放置されていることが
多かったので手術してくれる病院が増えてきているのは、
本当にすばらしい医学の進歩です。

その手術で、臓器下垂感がすっきりして
生活の質が向上する患者さんが90%です。

しかし残りの10%は、
新たなことに悩まされることになります。
それが尿モレです。

骨盤臓器脱がある時は、
尿道が曲がっているでの、尿モレが隠されています。
しかし骨盤臓器脱が手術でなおり、
尿道がまっすくになることで、
尿道抵抗がなくなり、尿モレが出現してしまうんです。
骨盤臓器脱の手術後に尿モレが、
たぶん出現するだろうと
予想できる人もいます。
骨盤臓器脱がひどくなる前は、尿モレがあったが、
脱がひどくなってから尿モレはよくなったという人は、
骨盤臓器脱の手術後に
尿モレが再発する確率が高いのです。
しかしそのような記憶がない人のなかでも
残念ながら骨盤臓器脱手術後に尿モレが
出現してしまう人もいます。
骨盤底は、解剖学的に、前方、中央、後方の分かれます。
骨盤底障害の多くは、妊娠・出産の際に、
赤ちゃんの頭が、どういうふうに産道を通ったかによって
障害される場所が違ってきます。
尿失禁は、前方側の障害で多く出現。
骨盤臓器脱は、中央と後方の障害で多く出現します。
中央部分の障害が大きく、前方部分の障害が小さい場合、
自覚症状は、中央部分の障害によるもの、
つまり臓器下垂感が強くなり
障害の軽い前方部分の障害による症状
(つまり尿モレ)は、マスクされてしまうことがあるのです。
そして一番重症な障害が、手術で治癒した後
その次に障害の重い部分の症状が全面にでてきたります。
骨盤底の治療は、もぐらたたきと言われる所以です。

この骨盤臓器脱手術後の尿モレは、
適切な骨盤底リハビリテーションや低侵襲手術で、比較的容易に治すことができます。
もし子宮脱・膀胱瘤手術後の尿モレで困っている方がいたら、
ぜひ一度LUNAに相談にきてください。
f:id:sekiguchiyuki:20180609174335j:plain

日本女性の10人に1名は、一生のうち1回以上乳がんになる時代です。

本日は乳がんの話です。
私は、乳がんサバイバーです。
41歳発症。
現在54歳で、経過観察は終了しています。

私が、乳がんになる前は、
私の家系は、乳がんの家系ではなかったんですが、
私が乳がんになった後、叔母達に乳がんが見つかりはじめました。

だいたい私が子供の頃は、
両親とも、自分たちはがん家系ではないと言っていたんです。
でも父は、胃がんで死にました。
祖先は、がんになる前に高血圧による脳梗塞等で死んでいただけなんですよね。

私の乳がんが見つかったのは開業2週間前、
自分の体で納入された超音波機械のチェックを技師長としていたら技師長が、
「先生、左乳房に腫瘤ありますよ。」
というんです。

でも忙しいから放置。
その4か月後に、
非常勤勤務をしていた銀座のクリニックの
職員検診でマンモグラフィーをしたらとても典型的な乳がんでした。
それで、まだ開業1年以内なのに
1か月くらい外来を休んで治療しました。
この時は、婦人科院長の槍沢先生には大変お世話になりました。

乳がんの治療は、
すごく健康保険のカバーが手厚くてあまりお金がかからず治療終了。
日本っていい国だなーと思いました。
そんなこともあってLUNAは、乳房検診をしっかりやってます。
今年からは念願の乳腺外科女性医師 堀切先生が入職してくださり、
現在はLUNAの乳房検診は、質量とも申し分のない状況です。

女性に生まれたからには、乳がんを他人ごとと考えないで、
定期的に乳房検診を受けていただきたいと思います。

ところで、私は、右乳房の部分切除+放射線治療を受けたんですが、
主治医の土井先生は、とてもきれいに乳房の手術をしてくれたんですが、
やはりボリュームに左右差がでたんです。
でももう、結婚するわけでもないしと7年くらい放置してました。

その後当院のメディカルビューテーセンターで、乳輪のパラメディカルアートメークを行うことになって、
そのモデルになるために、私は、乳房の脂肪幹細胞移植を受けて
さらに乳輪のパラメディカルアートメークを受けたんです。
これらの治療を受けて、
ほぼ元通リになったすばらしい乳房をみて
あーなんで早くやらなかったんだろうと、後悔しました。
女性にとって、おっぱいって大事なんですよね。

さて治療後10年たつと完治と診断され、
病院への定期通院は終了。
今後は検診するように言われました。

でも1回は、乳がんになったんだし。
リスク高いんだから、もっと病院で診てくれたっていいのに
と思いましたが、
10人に1人乳がんになるので、病院は忙しいんですよね。
ですから乳房検診は、
レベルの高いクリニックで受けるのが一番だと思います。f:id:sekiguchiyuki:20180403091940j:plain

LUNAは骨盤底リハビリテーションの老舗です

骨盤底リハビリテーションは、
以前は骨盤底筋体操や骨盤底トレーニングと言われていました。

国際的には、
以前から理学療法士と看護師が行う医療行為として認知されていましたが、
日本で理学療法士が骨盤底リハビリテーションに参画しだしたのは、15年くらい前からです。

当院は、自慢になりますが、理学療法士による
骨盤底リハビリテーションが受けられるクリニックの草分け的存在です。

骨盤底リハビリテーション部の部長
重田理学療法士から
骨盤底障害リハビリテーションを受けた患者数は、まちがいなく日本一です。

最近は、骨盤底リハビリテーションの適応もひろがり、
弛緩系だけではなく、疼痛系障害にもその適応が広がっています。
日本一のプロに骨盤底リハビリテーション
受けたい方は、ぜひ当院へお越しください。f:id:sekiguchiyuki:20180524122717j:plain

LUNAは、5つの医療分野に特化したクリニックグループです。

女性医療クリニックLUNAグループでは、
ドメイン(医療領域)を設定しています。
このドメイン内の医療に関しては徹底的にこだわります。
一方ドメイン外の医療に関しては積極的には、手を広げません。

5つのファンクションは、以下の通リです。

ファンクション1:女性医療
通常女性医療というと婦人科、女性内科、乳腺科のオプションがある医療機関が多いのですが、
当院はこれに女性泌尿器科、美容皮膚科も加えています。

2018年9月からは、横浜のクリニックグループは、
元町1丁目のファミリアのビルの2階と3階に全て引っ越すのですが、
新しいクリニックではあまり診療科にこだわらず
50歳未満の患者向けクリニック(2階)
50歳以上の患者向けクリニック(3階)
に再編成しようと思っています。

そして2階は婦人科、乳腺科を中心に診療をし、
3階は、女性泌尿器科、女性内科、美容皮膚科を中心に診療をいたします。

ファンクション2:女性検診
当院の自慢は、レベルの高い女性検診です。
婦人科+乳腺領域の検診では、経腟超音波検査+子宮頚部(体部)細胞診、
乳房超音波検査+マンモグラフィーを同日に行います。

さらに50歳以上の患者さまには、
DEXA法による骨密度検査や、理学療法士による骨盤底機能チェック、
動脈硬化などの生活習慣病チェックなどもお勧めしています。

ファンクション3:骨盤底障害トータルケア
LUNAの女性泌尿器科では、女性泌尿器科専門医による投薬や手術に平行して、
理学療法士による骨盤底リハビリテーション
・磁気刺激療法
・骨盤底トレーナーによるピフィラテイス®の指導等
が受けられます。

これによってリハビリテーション、投薬、刺激療法、手術の
全ての骨盤底医療が統合的に受けられます。

ファンクション4:抗加齢医療
生活習慣病管理と内科的な抗加齢医療で、心身ともに5歳若く在る自分をめざします。

ファンクション5:美容皮膚科とメディカルエス
 外科的な抗加齢医療で、心身ともに5歳若く在る自分をめざします。

今後もこの5つの分野に関しては、
徹底的にこだわって行こうと思っています。
 
f:id:sekiguchiyuki:20180520163300j:plain
 

LUNAの骨盤底障害トータルケア

骨盤底障害とは、
恥骨から尾骨の間にある菱形のプレート臓器である骨盤底の、
出産や加齢によるトラブルのことです。

骨盤底は、筋肉・靭帯・筋膜・血管・神経等でできています。
骨盤底障害が起こると、骨盤内臓器が腟からでてきたり、
頻尿・尿モレ・便秘・便モレ・下腹部痛などの
主に排泄に関わる問題が起こってきます。

女性医療クリニックLUNAグループ女性泌尿器科の自慢の治療は、
骨盤底障害トータルケアです。

女性泌尿器科専門医による、骨盤底障害障害の診断と治療(投薬・手術)と並行して
骨盤底リハビリテーションや骨盤底筋トレーニングを行います。

手術は、
腹圧性尿失禁と骨盤臓器脱:日帰りTFS手術
間質性膀胱炎と過活動膀胱:日帰りボトックス膀胱注射手術
美容性器外科:腟縮小手術・小陰唇形成術
GSM(閉経後尿路性器症候群):炭酸ガスレーザーと高周波の腟・外陰照射等を行っています。

投薬に関しては、
間質性膀胱炎に対してDMSOカクテルの膀胱内注入や
GSMケアに、女性ホルモンクリーム+デリケートゾーン専用美容液などをおすすめしています。

骨盤底リハビリテーションは、専任の女性理学療法士がおこないます。
さらに骨盤底リハビリテーションを修了した患者さん向けに
トレーニングスタジオでの、ピフィラティス®の個別指導を行っています。

どれも世界的レベルの治療であると自負しています。
これらの治療を受けてみたい方は、
ぜひ女性医療クリニックLUNAグループ初診予約コールセンター
045-662-1618
お電話お待ちしています。f:id:sekiguchiyuki:20180518204258j:plain

骨盤底筋と周囲筋を効率的に鍛えるピフィラティス@

本日はピフィラティス®の話です。
ピフィラティス® (Pfilates)とは、
2009年に、米国の女性泌尿器科医Dr. Bruce Crawfordによって
つくられたエクソサイズです。

日本には、
整形外科医の武田淳也先生が紹介しました。
120のピラティス、ヨガ、パーソナルトレーニングのムーブメントを
ビデオと同期させた筋電図を用いて研究し、骨盤底筋群とその協調運動筋群である
腹横筋・下肢内転筋・殿筋群が、大きく刺激される10のムーブメント選びました。

この10のムーブメントを
①動作を繰り返す、
②ピーク動員時で維持、
➂骨盤底のすばやい収縮を加えるという3段階で行います。

動作を繰り返す+ホールド維持では、
アイソメトリック運動+アイソトニック運動で主に遅筋が鍛えらます。
さらにこれにすばやい収縮によるプライオメトリック・トレーニングを
加えることにより速筋線維の肥大効果を狙います。
繰り返し回数は、3回→5回→10回と、
筋力アップに合わせて少しずつ増やしていきます。
日本には、こピフィラティス®のインストラクターが約500名いて、
お近くのスポーツクラブ等でも指導を受けられます。

当院のピフィラティス®の特徴は、
クリニック内のスタジオで専任トレナーがマンツーマン指導することです。
骨盤底とその周囲の筋肉だけではなく、他の部位の筋肉もバランスよく鍛えて
最後にマッサージやストレッチでリラックさせてくれます。

さらに必要があれば鍼灸治療も受けられます。
お試し価格もあり、一度体験していただいてで、
その際にトレナーと相談して今後の方針を決定します。
ぜひ一度トライしてみてください。
f:id:sekiguchiyuki:20180516154650j:plain
 f:id:sekiguchiyuki:20180516154703j:plain

白髪になったらできないVIO脱毛

先週の週末は、老年泌尿器科学会に出席しました。
ここで私が発表したのは、中高年女性のVIO脱毛の話。

当院では、40〰60歳代の女性の
VIO脱毛が、安全に行われているという内容で発表しました。

VIOとは、
Vゾーン:恥骨周辺
Iソーン:小陰唇周囲〰大陰唇にかけて
Oゾーン:肛門周囲のこと。
これらの部分の陰毛の脱毛をVIO脱毛といいます。

VIO領域の陰毛に関しては、
東洋では、濃いほうがセクシーであるという
性嗜好が一般的でしたが、
西洋では、薄いほうがセクシーであるという
性嗜好が一般的です。

現在の日本では、若年者は、薄い陰毛を好むようになってきており
若者のほうからVIO脱毛が浸透してきています。
しかしセックスパートナー以外に
自分の陰部をみせる機会が増えるのは、むしろ中高年になってからです。

さてここに一つ問題があります。
効果の高い医療レーザー脱毛は、毛根のメラニンに反応させて脱毛するのです。
ですから陰毛に白髪が多くなると脱毛できなくなってしまいます。
ですから40~50歳代が、
医療レーザー脱毛をうけられる最後のチャンスということになります。

さらに更年期前後になってくると
女性ホルモンの低下の影響で、全身の皮膚が薄く弱くなっていくので、
脱毛後は、ステロイド軟膏などで、膚をケアしたほうが、トラブルが減ります。

そのため、VIO脱毛(特に中高年)は
経験症例の多いクリニックで受けたほうがいいということになります。

当院のメディカルビューティーセンターのVIO脱毛は、
経験豊富な看護師さんが施行。

さらに現在は、デリケートゾーン専用美容液
LUNA PRIDE スキンプレミアムをプレゼントキャンペーンもしています。
ご希望の方は、ぜひお電話ください。
お待ちしています。f:id:sekiguchiyuki:20180514190401j:plain