関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

骨盤底筋と周囲筋を効率的に鍛えるピフィラティス@

本日はピフィラティス®の話です。
ピフィラティス® (Pfilates)とは、
2009年に、米国の女性泌尿器科医Dr. Bruce Crawfordによって
つくられたエクソサイズです。

日本には、
整形外科医の武田淳也先生が紹介しました。
120のピラティス、ヨガ、パーソナルトレーニングのムーブメントを
ビデオと同期させた筋電図を用いて研究し、骨盤底筋群とその協調運動筋群である
腹横筋・下肢内転筋・殿筋群が、大きく刺激される10のムーブメント選びました。

この10のムーブメントを
①動作を繰り返す、
②ピーク動員時で維持、
➂骨盤底のすばやい収縮を加えるという3段階で行います。

動作を繰り返す+ホールド維持では、
アイソメトリック運動+アイソトニック運動で主に遅筋が鍛えらます。
さらにこれにすばやい収縮によるプライオメトリック・トレーニングを
加えることにより速筋線維の肥大効果を狙います。
繰り返し回数は、3回→5回→10回と、
筋力アップに合わせて少しずつ増やしていきます。
日本には、こピフィラティス®のインストラクターが約500名いて、
お近くのスポーツクラブ等でも指導を受けられます。

当院のピフィラティス®の特徴は、
クリニック内のスタジオで専任トレナーがマンツーマン指導することです。
骨盤底とその周囲の筋肉だけではなく、他の部位の筋肉もバランスよく鍛えて
最後にマッサージやストレッチでリラックさせてくれます。

さらに必要があれば鍼灸治療も受けられます。
お試し価格もあり、一度体験していただいてで、
その際にトレナーと相談して今後の方針を決定します。
ぜひ一度トライしてみてください。
f:id:sekiguchiyuki:20180516154650j:plain
 f:id:sekiguchiyuki:20180516154703j:plain

白髪になったらできないVIO脱毛

先週の週末は、老年泌尿器科学会に出席しました。
ここで私が発表したのは、中高年女性のVIO脱毛の話。

当院では、40〰60歳代の女性の
VIO脱毛が、安全に行われているという内容で発表しました。

VIOとは、
Vゾーン:恥骨周辺
Iソーン:小陰唇周囲〰大陰唇にかけて
Oゾーン:肛門周囲のこと。
これらの部分の陰毛の脱毛をVIO脱毛といいます。

VIO領域の陰毛に関しては、
東洋では、濃いほうがセクシーであるという
性嗜好が一般的でしたが、
西洋では、薄いほうがセクシーであるという
性嗜好が一般的です。

現在の日本では、若年者は、薄い陰毛を好むようになってきており
若者のほうからVIO脱毛が浸透してきています。
しかしセックスパートナー以外に
自分の陰部をみせる機会が増えるのは、むしろ中高年になってからです。

さてここに一つ問題があります。
効果の高い医療レーザー脱毛は、毛根のメラニンに反応させて脱毛するのです。
ですから陰毛に白髪が多くなると脱毛できなくなってしまいます。
ですから40~50歳代が、
医療レーザー脱毛をうけられる最後のチャンスということになります。

さらに更年期前後になってくると
女性ホルモンの低下の影響で、全身の皮膚が薄く弱くなっていくので、
脱毛後は、ステロイド軟膏などで、膚をケアしたほうが、トラブルが減ります。

そのため、VIO脱毛(特に中高年)は
経験症例の多いクリニックで受けたほうがいいということになります。

当院のメディカルビューティーセンターのVIO脱毛は、
経験豊富な看護師さんが施行。

さらに現在は、デリケートゾーン専用美容液
LUNA PRIDE スキンプレミアムをプレゼントキャンペーンもしています。
ご希望の方は、ぜひお電話ください。
お待ちしています。f:id:sekiguchiyuki:20180514190401j:plain

LUNAPRIDE スキンプレミアム お客様の声(2)

クリニックでLUNAPRIDE スキンプレミアムを購入してくださった患者さまには、
1〰2か月後の次の外来の際に感想をお聞きしています。
今回は、ちょっとうれしい報告がありました。

70歳代の患者さまですが、
目の下の小じわが、もっとも気になる部分なので、
この部分に集中的にLUNAPRIDE スキンプレミアムを使用してくださったとのこと。
1週間くらい使用したころから気になっていた目の下の
小じわが目立たなくなってきたとのことでした。

LUNA PRIDE スキンプレミアムには、
キルギス国のウマプラセンタ
エチルアスコルビン酸
イソフラボン
アスタキサンチン
加水分解ヒアルロン酸
漢方生薬
アロマオイル等が含有されているんですが、

目の下の小じわに効果があったのは、
保湿力が高いキルギス国のウマプラセンタや
浸透力の強い加水分解ヒアルロン酸の作用だと思います。

さらに長期に使用していただければ
ウマプラセンタやイソフラボン
さらにエチルアスコルビン酸アスタキサンチン等の強力な抗酸化力で、
シミも薄くなっていくと予想されます。

細く長く使用して欲しいです。

f:id:sekiguchiyuki:20180308095706j:plain
関口医師プロデュース、キルギス国のウマプラセンタ含有美容液

LUNAPRIDE スキンプレミアムに含有されている漢方生薬の意味とは?

 漢方には、五行論という考え方があります。
これは、この世の中のあらゆるものを五つの要素に分類して、
お互いにどのように関連し、影響しあうのかを解明した理論です。
一見、異なるものどうしの中にも、
共通している類似性をもった現象や性質があるものですが、
それらの代表的な性格を五つの系統に分けて整理し把握しようとするのが「五行論」です。
異なるもの同士の共通する要素の代表は、木・火・土・金・水の五つの性質とされています。
この木・火・土・金・水は、
それぞれ漢方的な臓器分類で、
・肝(自律神経)
・心
・脾(消化器)
・肺
・腎
に対応します。

LUNAPRIDE スキンプレミアムに含有されている漢方生薬も、
この五行論の考えから選択されました。
漢方生薬は、単独でも効果がありますが、
5つの生薬がお互いに影響しあい、リラックス効果を高めています。
さらにキルギス国のウマプラセンタや
イソフラボン
超低分子ヒアルロン酸
3-O-エチルアスコルビン酸
アスタキサンチン等の
高機能成分が効果的に働くように、美容液のベースにもなっています。


芍薬
シャクヤク根エキスを含有しています。シャクヤク根エキスは、肝(自律神経系)に作用して、イライラ等を改善します。皮膚に対しては、角質水分増加、抗炎症、抗酸化等の作用があります。


牡丹皮
ボタンピエキスを含有しています。牡丹皮は、心(精神と心臓)に作用し、鎮痛・鎮静を促します。皮膚に対しては、血流促進、活性酸素除去作用があります。消炎、止血などの効果もあり、血のめぐりでよくして体調を整える生薬です。高血圧や更年期障害の症状に効果があります。

ハト麦
ハトムギ種子エキスを使用しています。ハト麦のうち、殻や種皮を取り除いて乾燥させたものは、「ヨクイニン(薏苡仁)」と呼ばれます。ヨクイニンは、漢方薬に主要生薬として使用されます。神経痛や関節痛の症状緩和、イボとり、免疫力強化・抗ウイルス作用・抗ガン作用などがあるとされています。ハト麦は、消化器機能改善・調整作用もあり、五行論的には、脾(消化器)に対応しています。皮膚に対しては、保湿、消炎作用で肌荒れを防止し、美肌を保ちます。


甘草
カンゾウ根エキスが使用されています。カンゾウは、抗アレルギー作用や抗炎症作用により諸々の急迫症状を緩和し、鎮痛、鎮痙(ちんけい)、解毒、鎮咳(ちんがい)などに効果があります。五行論的には、呼吸をつかさどる肺に対応します。


茯苓
ブクリョウタケエキスを含有しています。利尿作用、健脾(けんひ)、滋養、鎮静、血糖降下などに効果があります。茯苓は腎に対応し、精神安定、老化予防、免疫賦活作用等も認めます。

f:id:sekiguchiyuki:20180308095706j:plain
デリケートゾーンとフェイス専用美容液 LUNAPRIDE スキンプレミアム

LUNA生活習慣病管理コース開始

実は、ご存知の方は、ご存知と思いますが、
4月で、LUNAグループの内科クリニックの女性医療クリニックLUNA ANNEXを閉院しました。

これまで横浜地区は、
3クリニック4フロアで経営をしていたんですが、
9月の新ビル移転後は、2クリニック2フロアになる予定です。

その以降、措置の一つが内科クリニック閉院です。
それにともなって
内科診療を、LUNA骨盤底トータルサポートクリニックのほうへ業務移転しました。
それで
糖尿病、高血圧、高脂血症生活習慣病管理の年間計画をクリニック内に掲示しました。
この計画にそって、生活習慣病を管理すれば見落としなく管理できるようになるので、
患者さまへのメリットが大きくなります。

提示されている検査は、毎月の管理料2700~2900円に含まれます。
毎月通院すれば、人間ドック要らずです。

新たな内科の患者さまも受けつけています。
よろしくお願いします。

初診予約コールセンターの電話番号
045-662-0618

f:id:sekiguchiyuki:20180501142705j:plain

こだわりのキルギスのウマプラセンタ

数日前に
私のプロデユ―スしたデリケートゾーンと顔の美容液
LUNA PRIDE スキンプレミアムの製造元ルーナスの社長三笠さんと会食しました。
私もキルギスのウマプラセンタ大変良いと思ってます。
でも三笠社長のこだわりは圧巻!!
こだわりのキルギスのウマプラセンタに関して熱く語ってくれました。

要約しますと、
プラセンタの品質が良いといわれているのは、元々人由来と牛由来。
しかし、現在、人は医療法、牛は狂牛病などを理由に利用できない。
生産量から考えて、次に豚が選択されたが、豚は雑食なので、
品質的には、人や牛よりも目劣りする。
そこで、注目されたのが、牛と同じ、早食の馬。
現在国内で利用されている馬プラセンタは
ヨーロッパが主流のサラブレット由来がほとんど。
ただサラブレットは早く走るために育てられた馬なので、
飼育中にどのようなものが与えられているかは、不明である。

そこで、ルーナスが目をつけたのは、
完全に自然の中で放牧(農薬がまかれていない草原で)されてそだった馬。
しかも、雑種にこだわっている。

なぜ雑種かというと、純血種よりも免疫力が強いから。
更に、雑種といっても、ユーラシア大陸中央エリアの雑種。
なぜなら、そこには、
サラブレット・アラブ馬・アングロアラブ馬・モンゴル馬と4
種が交じり合った雑種がいるからである。

キルギスは、その立地の周囲の国々と違い、政情が安定しており、
現地で馬が出産したあとの胎盤を即座に保管しておくことが
比較的安定できる。

ルーナスでは、現地にきちんと保管できるように専用の冷凍庫も完備している。
更に、冷凍のまま、日本国内に輸入した後は、
ひとつひとつ、血液などの不純物を丁寧に取り除き、
純粋に胎盤のみを利用して、プラセンタを抽出している。
(そのようにしていない企業も多いらしい)

英語には語彙がすくなく、哺乳類以外の生物
たとえば、タラコ周囲の膜も現在プラセンタと表現されている。
哺乳類の胎盤から抽出したものは、
プラセンタの中でも胎盤エキスと呼ぶものだけである。

・・・勉強になりました!!
f:id:sekiguchiyuki:20180308095706j:plainf:id:sekiguchiyuki:20180429092129p:plain

腟ダイレーターの使い方

マーケティングの武田さんから
一般の人には、腟ダイレーターの使い方がわからないから、
ちゃんと説明しろというオーダーありました。
現在私の知る限りの医療的なダイレーターの使用機会は、3通りです。
① 腟痙攣の行動療法
② 性転換手術 術後の腟の維持
③ GSM(閉経後性器尿路症候群)による腟萎縮の治療

①腟痙攣
未完成婚の大きな原因の一つです。
この疾患だと、腟にペニスを入れようとしても、腟が痙攣して入れることができないんです。
この場合は、まず一番細いダイレーターに麻酔ゼリーをつけて、
自分で腟に入れる練習(1日1回)から開始します。

1か月ごとくらいに、ワンランク上の太さのダイレーターに交換します。
この1か月くらいが、重要で、1週間ではだめです。
痛みや、恐怖を感じないようにゆっくり慣れることが重要です。

3番のダイレーターが、苦痛なく入れられるようになったらまずは自分の指を入れます。
1本いれられた、2本。
次にパートナーの指を入れます。1本入れたら2本。
その間もダイレーターによる拡張練習は続けます。

最後にペニスを腟に入れる練習をするわけですが、
この際は、深い挿入にはこだわらないようにします。

実は、女性の性感帯の多くは、腟入口部付近にあるんです。
また腟入口部付近で射精すれば、妊娠も可能です。


② 性転換手術で腟形成術を使用した場合
腟の太さと長さを維持するために定期的なダイレーターによる拡張が必要です。
これは、太目のダイレーターが1~2本れば充分で、これを連日10~20分程度
腟に入れておきます。
(手術後時間が経てば週2~3回でオーケーになります。)
性転換手術の腟形成術は、今年から一部健康保険が適応になりましたが、
いままでは自由診療でしたので、高額の手術代がかかりました。
それで、絶対再手術が嫌ということで、必要以上に大きくて長いダイレーターを
深く挿入して使用している方がいました。
それで形成した腟が傷ついていたんです。

日本女性の腟の長さの平均は、8~10cmくらいです。
15cm以上は入れすぎです。
また現在パートナーがいないからといって拡張をさぼっていると、
いざパ―トナーができた時に入らないということになりますので、
性転換手術術後の方のダイレーター使用は、定期的に適切に行うことが重要になります。

GSMの患者さんのダイレーター使用
最近学会などで、言われるようになってきました。
性転換手術術後の方よりは、閉経後の女性のほうが腟萎縮による腟狭窄の頻度や速度は遅いです。
また常にパートナーが入れて定期的にセックスしていると
腟萎縮による腟狭窄は起こりにくいです。

問題は、しばらくパートナーがいなくてデリケートゾーンケアをしてなかったのに
突然フォールインラブしてしまう可能性が人間にはあるということ。
そうなると萎縮による腟狭窄の著しい人は女性ホルモンクリームを使用しながら
ダイレーターで拡張していきます。

GSMの予防には、デリケートゾーンの日々のケアは必要です。
LUNAでは、日々のデリケートゾーンケアのためにLUNA GSM トリートメントセットを作ってみました。
横浜・大阪の各クリニックで販売しています。
(税別12000円/3か月分)

ベースにヘパリン類似物質のローションを塗って、
さらに1日おきに、交互にエストロジェンクリーム(バストミン)
腟美容液(LUNA PRIDE スキンプレミアム)を外陰皮膚に塗ります。
試してみたい方は、お気軽にご来院ください。
f:id:sekiguchiyuki:20180426121247j:plain