関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

女性医療クリニックLUNA 横浜元町の婦人科の5つの特色 ―漢方・不妊治療・慢性骨盤痛症候群・骨密度・乳腺との同時検診―

みなさんこんにちは、
現在横浜地区のLUNAは、お引越しの最中です。
9月2日午後内覧会
9月3日スタートです。
今回は、早々に2階部分の
女性医療クリニックLUNA横浜元町のご案内です。
こちらは、主に婦人科・乳腺科を担当しますが、
その診療には、5つの特色があります。
第1の特徴は、患者さんが希望すれば、
漢方薬による治療を受けることができることです。
横浜地区の女性医療クリニックLUNAは、
日本東洋医学会の指定研修施設で、
漢方専門医を目指す医師の研修を受け入れています。
そのため全ての医師が、
漢方薬を治療に用いることができるように、
日々精進して漢方医学を勉強しています。
漢方薬は、証と呼ばれる患者さんの体質を類推して処方します。
まずは初診時の診察で証を考えて、
2週間〰4週間分の漢方薬を処方します。
その後は、来院のたびに治療がうまく行っているかを検討して、
漢方薬の種類や量の調整を行い、
もっとも適切な漢方薬を選択していきます。
さらに漢方と併用して鍼灸治療を受けることもできます。

 婦人科漢方のうち、漢方や鍼灸が、
その効果を発揮できるのが更年期障害不妊治療です。
更年期障害の治療には、女性ホルモン補充・漢方治療・
プラセンタ注射・サプリメントアロマセラピー等がありますが、LUNAの婦人科では、医師が患者さんとそれぞれの治療の
メリットとデメリットを相談して、
どの治療から開始するかを決定します。
このうち漢方は、根幹となる治療で
、患者さんの体質に合わせて処方も調整します。
さらにLUNAでは、クリニック内で
子宮・卵管造影検査(ヒステログラフィー)や
精液検査を行えます。
そのため漢方や鍼灸等の東洋医学
西洋医学のいいところを生かした、
不妊治療を提供しています。これが第2の特徴です。

3つ目の特徴は、併設されている
女性医療クリニックLUNA ネクストステージと
連携することにより、原因のはっきりしない、
外陰痛症をはじめとする慢性骨盤痛症候群の治療の
オプションがそろっていることです。
漢方や鍼灸治療・ホルモン治療等をまず行いますが、
これらの治療で、痛み改善度が80%にいたらない場合は、
さらに骨盤底リハビリテーション
慢性疼痛症の治療を受けることができます。
ところで骨盤痛の原因の一つとして、
更年期以降の女性の50%に起こるとされている
GSM(閉経後性器尿路症候群)の関与があることが、
最近わかってきました。
GSMは、閉経後の女性に起こる陰部の粘膜や
皮下組織におこる血流低下等によって起こる
痒み・痛み、頻尿・尿漏れ、性交痛などの症状症候群です。
LUNAでは、GSMの治療にも積極的に取り組んでいます。

第4の特徴は、DEXA法による、正確な骨密度検査を
受けることができることです。
骨粗鬆症は、閉経前後から急速に進行していきます。
そして70歳以降の女性のQOL(生活の質)の低下の原因の多くが、
この骨粗鬆症による痛みです。
LUNAでは、更年期のはやい時期から、
自分の骨の状態を把握して、骨粗鬆症の発生を予防するための、
その後の人生での骨密度管理に関しての
指導を受けることができます。

第5の特徴は、乳腺と卵巣・子宮のレベルの高い検診を
同日に受けることができることです。
乳腺に関しては、マンモグラフィーと乳房超音波検査、
卵巣・子宮に関しては専門医による経腟超音波検査と
子宮頚部・体部細胞診を受けることができます。

f:id:sekiguchiyuki:20180828110304j:plain