関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

ドクター関口の下ネタトリビア(2) 西城秀樹の情熱の嵐からクーガーまで

さて下ネタトリビアですが、
こればっかり書いていると品性を疑われるので、
真面目ネタを必ず書いた後に下ネタトリビアプログを書くということを
自らに課したいと思っています。

さて今回は、またまた西城秀樹ネタからスタート。
50歳代前半の日本人なら、小学生の時に、
まったく意味を吟味せず歌い踊っていた西城秀樹の情熱の嵐ですが、
歌詞を今回改めて読んでみると意味深です。

”君が望むなら 生命をあげてもいい。
恋のためなら 悪魔に心わたしても くやまない
その瞳 僕のもの
この体 君のもの
太陽が燃えるように 二人の愛を
永遠にきざもう
君が望むならたとえ火のなかも
恋のためなら おそれはしない
情熱の嵐よ

噂のつぶてもかまいはしないさ
体を張って 
愛する君を
赤い血がもえるよう
その笑顔 ぼくのもの
この若さ 君のもの
太陽が燃えるよに二人の愛を永遠にきざもう
君が望むならたとえ火のなかも
恋のためなら おそれはしない
情熱の嵐よ”

これって、太字の歌詞から推定すると
相当年の離れた、年上女子と年下男子のラブソングでしょ~

西城秀樹のその他の曲も
相当年の離れた、年上女子と年下男子のラブソングが実は多いんです。

当時300円くらいだった(と思う)
EPレコードの購入決定権は、お母さんにあったのでしょう。
子供に買ってとせがまれるから
しかたなくお母さんが、ギリギリの家計の中から300円を捻出。
しかしその実態は、お母さんが西城秀樹の歌に萌えていたんだわ~

大ヒットの裏には仕掛けがあるのね〰
と感心しました。

ところで
相当年の離れた年下男子とつきあう肉食女子
クーガーというというの知ってました?
グーガーは、ネコ科の大型肉食獣ピューマの別名です。

現在このクーガー界のカリスマ的存在は
ブリジット ̄マクロンです。
彼女は、史上最年少でフランス大統領になった
エマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリックマクロン氏の奥様です。
二人の年の差は、24歳
つきあいだしたのは、マクロン大統領が中学生の時!!
光源氏と紫の上の逆バージョンです。
現在65歳のブリジットは、
ハイヒールを見事に履きこなし
60代のフランス女性のアイコンになっているそうです。
f:id:sekiguchiyuki:20180729123717j:plain