関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

骨盤底筋と周囲筋を効率的に鍛えるピフィラティス@

本日はピフィラティス®の話です。
ピフィラティス® (Pfilates)とは、
2009年に、米国の女性泌尿器科医Dr. Bruce Crawfordによって
つくられたエクソサイズです。

日本には、
整形外科医の武田淳也先生が紹介しました。
120のピラティス、ヨガ、パーソナルトレーニングのムーブメントを
ビデオと同期させた筋電図を用いて研究し、骨盤底筋群とその協調運動筋群である
腹横筋・下肢内転筋・殿筋群が、大きく刺激される10のムーブメント選びました。

この10のムーブメントを
①動作を繰り返す、
②ピーク動員時で維持、
➂骨盤底のすばやい収縮を加えるという3段階で行います。

動作を繰り返す+ホールド維持では、
アイソメトリック運動+アイソトニック運動で主に遅筋が鍛えらます。
さらにこれにすばやい収縮によるプライオメトリック・トレーニングを
加えることにより速筋線維の肥大効果を狙います。
繰り返し回数は、3回→5回→10回と、
筋力アップに合わせて少しずつ増やしていきます。
日本には、こピフィラティス®のインストラクターが約500名いて、
お近くのスポーツクラブ等でも指導を受けられます。

当院のピフィラティス®の特徴は、
クリニック内のスタジオで専任トレナーがマンツーマン指導することです。
骨盤底とその周囲の筋肉だけではなく、他の部位の筋肉もバランスよく鍛えて
最後にマッサージやストレッチでリラックさせてくれます。

さらに必要があれば鍼灸治療も受けられます。
お試し価格もあり、一度体験していただいてで、
その際にトレナーと相談して今後の方針を決定します。
ぜひ一度トライしてみてください。
f:id:sekiguchiyuki:20180516154650j:plain
 f:id:sekiguchiyuki:20180516154703j:plain