関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

蜃気楼家族 5 ×華は、フーゾクに転職、お父さんは失踪

主人公×華ちゃんは、
4巻で人生どうでもよくなってしまい
名古屋に行って、フーゾク嬢になります。
フーゾク嬢といっても『ファッションヘルス』で
いわゆる『本番』が無いお店と思われます。

5巻の最初は、フーゾクの日々です。
月に1回は、金沢の離婚したお母さんの元へ通っています。
そこへお父さん方のおばあちゃん危篤の報がきます。
そしておばあちゃんは亡くなってしまいます。

弟とは数年ぶりに再開、社会復帰します。

おばあちゃんのお葬式の日、
お父さんは幽霊のように存在感なしでした。

第16話 タカシ、失踪当日
は、とても物悲しい回です。

お父さんの独白ではじまります。

妻は出ていったが、あと10年でローンが終われば、
妻ともうすこし話をして、よりをもどそう。
長男も戻ってきて、山の家で同居もできるだろう・・・・

山の家のおばあちゃんの仏壇の前で
居眠りから目をさましたお父さんはひとしぼっちでした。
中華料理店のもどったお父さん
借金の督促状をみた直後
貯金通帳をもってどこかに失踪してしまいます。

×華ちゃんは、
職場の休憩中にいたずらで描いた漫画がみんなに好評で、
どんどん描いていきます。
そして漫画家をめざします。

弟も、父にストーカーされて父と絶縁します。

さて貯金が目標額まで達成した×華ちゃんは、
金沢で家を買って、のんびり看護師をして暮らそうと考えます。
そして運命のマンション購入
しかし自分好みに改装できず
お母さんの好みのマンションになってしまいます。
そして寝ている時に天井にいたカメムシをみて、
そのマンションを母にあげてしまうのです。

現在発行されているのは、5巻まで。

×華ちゃんは、
お金に執着があると自分では思っているが、
あまり執着がないタイプだということが、
最後のマンションを母にあげてしまうところでわかります。
×華ちゃんが、こだわっているのは、自立です。
一人で生きていける強さを希求しています。

そして実現しています。

お母さんは元気に、×華ちゃんのマンションに住み
ヘルパーの仕事で、自立を果たしています。
4人の家族はバラバラになりましたが、
みなそれなりに自立し、元気に生きています。

お父さんのことだから、どこかで元気に生きていると
お母さんと×華ちゃんの意見は一致しています。