関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

ポーの一族 春の夢 ネタバレ4

 1944年6月6日 
連合国のノルマンディー上陸作戦開始
ブランカの周囲は、歓喜うずに包まれる。

 スラブ系吸血鬼フォルカは、いっしょに旅をしてくれる少年のパートナーを、長年さがしている。
フォルカは、アランを気にいり、アランフォルカを気にいるが、エドガーは拒絶する。

フォルカは、フランスにもどってしまう。


結局オットマー氏は死亡
オットマー氏をバンパネラにする儀式の際に、
エドガーは潜入し、そこでひさしぶりに大老ポーと再会する。

大老ポーは、オットマー家のことに関しては多くのことを語らず、いずれ再会することをエドガーに約束する。
オットマー氏はよみがえり、オットマー氏の母は、毎年カーニバルの頃にベニスで息子と会えるようになる。

 さてオットマー氏の葬式の期間に、大変なことが起こる

ノアが、水量の増えた川で濁流にのまれ行方不明になったしまったのだ。

放心状態になるブランカ

放心状態のブランカを、
以前からブランカを想っていた運転手アシュトンに、塔の上で強姦されそうになってしまう。

テレポーテ―ションをして、ブランカを助けるエドガー
しかしアシュトンを倒したエドガーバンパネラの容貌に恐怖を覚えて、
ブランカは塔からエドガーを避けるように落ちてしまう。

 ブランカを助けるためには、パンパネラにするしかなく、
自分が仲間をパンパネラにすると、その仲間が虚弱になってしまうと思いこんでいるエドガーは、パンパネラにする役目をフォルカに頼む。


 結局ノアは見つかり、かわりにブランカが行方不明ということになる。


パンパネラになったブランカフォルカと、
エドガーアランと再び永遠の旅にでる。

_____________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 私は、ポーの一族11人いる等が連載している時は、熱心な読者だったが、
それ以降まったく萩尾先生の著作を読まず、今回40年ぶりに新シリーズを読んだ。

私が、一番気になるのは、がちがうこと。絵に動きが足りない気がする。
40年前の絵とか”こまわり”のほうが、躍動感があってうまかった気がするのだ。

ストーリーは萩尾先生が書いて、絵は弟子が書いているのだろうか。
ストーリーは、回がすすむごとにテンポがよくなって読みやすくなっていった。


次回作を期待したい。