関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

腟ダイレーター 日本製と米国製、どっちがすき?

しばらく日本泌尿器科学科総会に出席していて
ブログさぼってました。

さて今度、LUNAで販売する治療用腟ダイレーターを、
日本製から米国製に変更することにしたんです。

治療用腟ダイレーターは、
腟痙攣の行動療法や、性同一性障害の手術後のケアなどに主に用いられています。
最近は、GSM(閉経後性器尿路症候群ー閉経後の起こる
デリケートゾーンの不快感、尿漏れ・頻尿、性交痛)にも
用いられるようになってきました。

いままでの日本製が、これ。

f:id:sekiguchiyuki:20180422100809j:plain
日本製腟ダイレーター
そして今度発売する米国製がこれ、
f:id:sekiguchiyuki:20180422100752j:plain
米国製腟ダイレーター

しばらくしたら、
当院のECサイト「LUNA PRIDE ショップ」でも販売します。

ところで、米国製ダイレーターが当院に入荷したところ、
職員の一部には、以前の日本製のほうがいいと意見がでました。

私は、米国製のほうがかわいいと感じでおり、
自分で使用するなら絶対米国製を選ぶと思うんですが、
米国製があまりにもリアルで、
こんなものを自分が持っているのは嫌と感じる日本女性は多いようです。

女性の性嗜好は、千差万別。
ちなみに値段は、米国製のほうが日本製よりかなり安いんですよねー。

LUNA PRIDE スキンプレミアム ご利用者さまからの声(1)

女性医療視点の、顔とデリケートゾーンのための美容液
LUNA PRIDE スキンプレミアムですが、
先日75歳の女性から
LUNA PRIDE スキンプレミアムで
デリケートゾーンのケアを始めてから、
いつもツルツルしていて気持ちよいとお褒めの言葉を頂戴しました。
当初は、40-60歳くらいの女性のGSM(閉経後性器尿路症候群)に
効果が高いと考えていた
LUNA PRIDE スキンプレミアムですが、
もっと高年齢層にも受けるようです。
女性ホルモンはあえて用いず、
女性ホルモン様作用のある、
プラセンタ・イソフラボン
抗酸化力が高い
エチルアスコルビン酸アスタキサンチン
保湿力が強い
ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸
リラックス効果の高い漢方生薬・アロマオイル配合です。
化粧水で肌を整えたあと、1滴顔やデリケートゾーンに使用します。
ぜひ一度お試しください。

f:id:sekiguchiyuki:20180401101150j:plain
女性医療視点の顔とデリケートゾーン用美容液LUNAPRIDE スキンプレミアム

横浜地区の女性医療クリニックLUNAは、9月にお引越しします。

9月1日横浜地区の女性医療クリニックLUNAは、
ニューリアルオープンします。
現在は、3クリニック4フロア―で、
婦人科・内科ビルと、女性泌尿器科・乳腺科・美容皮膚科ビルが、
50mほど離れていたんですが、
今度は同じビルの2階・3階で2クリニック2フロア―体制になります。
場所は、元町中華街駅徒歩1分のビル。
現在は、ファミリアさんだけが入っています。f:id:sekiguchiyuki:20180412095507j:plain

2階は、婦人科と乳腺科中心の50歳以下女性向けクリニック
3階は、女性泌尿器・美容皮膚・女性内科中心の
50歳以上女性向けクリニックにしますが、
同じビルの2階と3階なので、患者さんの利便性は
すごくアップ。2つのクリニックで
経営理念の
女性が、いくつになっても、元気でキレイで在ることを
全力でサポートするクリニックをめざします。

突然ですが、経営理念変更します。

LUNAには、開院当初から経営理念あったんですよ。
”女性の健康を守り、5歳若くなるアンチエイジングめざす。”
です。
でもこれが、ある日、使用できないと言われたんです。
アンチエイジングという言葉を使用すると、
ネットパトロールに引っかかり、
ホームページやブログが削除される可能性があるということなんです。
いま考えると、文脈を読まずに、単語だけで
判断するっておかしいと思いますよ。
アンチエイジングという単語が、ネットで使用禁止になるなんて、
事実上の言論統制ですよね。
しかしこの時は、フーンそうなんだと、
深く考えず
”女性の健康を守り、5歳若くなるエイジングケアをめざす。”
に変更しました。
しかしエイジングケアという言葉、
現在は主にスキンケアに用いられる用語になってしまっていて、
私の考える、心身を含めた概念から離れてしまっています。
それで、経営理念を変更することにします。
f:id:sekiguchiyuki:20180406100538j:plain
どうでしょうか?

あそこのイガイガ・・・STD?カンジタ?GSM? タリオブ嚢胞?

しつこく陰部のイガイガの話をしています。
成人女性が、あそこがイガイガする時、
まずはじめに考えたほうがいいのは、
STD(性行為感染症、一般には性病)です。
エーでも、別に新しいパートナーとセックスしたわけではないしー
いつものパートナーも、浮気している感じではないしー
(かなり、あてにはなりませんが・・・・)
閉経前ならば、その次に考えたいのは、腟・外陰のカンジタ症です。
カンジタは、真菌という細菌の一種ですが、
人間が、元気な時は悪さをしません。
しかし過労などで疲れていたりすると、
腟・外陰に繁殖し、痒みの原因になります。
一方閉経後は、カンジタ症になりにくくなり、
GSM(閉経後性器尿路症候群)による痒みが増えてきます。

f:id:sekiguchiyuki:20180326145509j:plain
GSM(閉経後性器尿路症候群)とは

GSMは、保湿美容液(LUNA PRIDE スキンプレミアム発売中!!)
や女性ホルモン局所投与、炭酸ガスレーザーなどで治療します。

さらに原因がよくわからないのに
陰部がイガイガする場合があります。
こういう状態は、外陰痛症候群と呼ばれています。
この外陰痛症候群のうち、
最近原因として、国際学会で話題なのが、
タリオブ嚢胞(Tariov Cyst 仙骨神経根嚢胞)です。
これは名前の通り仙骨の病気で、
整形外科的なレーザー治療で症状が改善するとのことです。
当グループでも、種々の治療に反応しない
難治性の陰部の不快感には、
仙骨MRI検査を、おすすめしています。

女性泌尿器科とは、どんな病気を診る診療科か?

さて私の考える女性泌尿器科のフィールドですが、
私は、女性ホルモン欠乏が関係する諸疾患全てをケアする
診療科だと思っています。
つまり尿路性器症状だけではなく、
閉経後の起こる動脈硬化性疾患。
骨粗鬆症認知症なども対応疾患です。
f:id:sekiguchiyuki:20180403091436j:plain
閉経後の女性は、
70歳以降の健康寿命
(元気で痛みなく自分の身の回りのことはできる状態で生きている期間)
を伸ばすために、心と体のセルフケアが必要です。
f:id:sekiguchiyuki:20180403091940j:plain
この健康6要件を満たすための最低限の女性ホルモンレベルの維持には、
ホルモン補充療法が、絶対必要なわけではありません。
食事・運動・人生に対する哲学・人間関係(恋愛等も含む)等にも
女性ホルモンレベルは、大きく影響されます。
また最低限の女性ホルモンレベルを維持する代替治療としては、
プラセンタ療法・抗酸化サプリメント・漢方治療・アロマセラピー等もあります。
この代替治療の発想の流れを汲んで、私がプロデュースしたのが、
顔と外陰の美容液 LUNAPRIDE スキンプレミアムなんです。f:id:sekiguchiyuki:20180401101150j:plain
広い発想で、50歳以降の女性の健康を守るお手伝いをする
女性泌尿器科ですが、
性器尿路の疾患のスペシャリストとしての面もあります。
f:id:sekiguchiyuki:20180403095622j:plain
このうちの7、女性の男性ホルモン欠乏ですが、
閉経後で、女性ホルモン補充をしたり、
抗うつ薬抗不安薬を飲んでいるにもかかわらず
どうも元気がでない、全身倦怠感がとれない等の症状の方に
お勧めする治療法です。
広い意味でも、狭い意味でも、
自分に当てはまる症状があれば、
女性泌尿器科に、気軽に相談にきてくださいね。

LUNA GSM外来新設します。

GSM-閉経後外陰尿路症候群-とは
閉経後の女性ホルモン低下に伴う、
外陰・腟の萎縮変化およびそれに伴う不快な身体症状症候群で、
慢性かつ進行性疾患であり
(つまりゆっくりであるが、どんどん進行する)、
閉経後の50%以上の女性が、なんらかの症状に悩まされています。
GSM症状は、
腟乾燥感、腟・外陰のムズムズ/灼熱感/掻痒、
尿失禁、頻尿・尿意切迫感、排尿困難感、
性交時の潤い不足、性交痛、性的欲求低下・オーガズム低下

などですが、
3大徴候は、
“デリケートゾーンのかゆみ”
“尿モレ”
“セックスの時の痛み”
です。

LUNAでは、GSMの専門外来を新設しました。
GSMに関して詳しい女性医師が、まず症状をお聞きした後、
尿検査と外陰部の診察をさせていただき、
症状と所見から今後の生活に関してご指導させていただきます。
さらにGSM治療に必要な、
保湿剤・美容液・女性ホルモンクリームを処方させていただき、
個別に使用方法も説明させていただきます。

診療費は、
保湿剤・美容液・女性ホルモンクリーム
LUNA GSMトリートメントセット込みで
初診21600円(税込)です。

LUNA GSMトリートメントセットのご使用で、
充分な治療効果が認められる場合は、
その後は、一般外来に通院をお勧めしています。
また他の泌尿器科・婦人科系の治療が必要な場合も、
GSM治療の後一般外来に通院していただきます。

追加の治療が必要な場合もあります。
① 外陰や腟の萎縮が重症の場合、または早期の症状を改善したい場合
⇒フラクショナル炭酸ガスレーザーの治療をおすすめします。
(1回税別5万円、最初は1か月ごとに3回施行がおすすめ。)
さらに皮下組織のコラーゲンを増やし、ふっくらした外陰や腟をめざす場合は、
高周波治療をお勧めします。(1回税別10万円)

② 骨盤底筋群がゆるんでいたり、反対に固くしこっている場合
⇒骨盤底リハビリテーション(1回税別5千円 3~4回がおすすめ)、
ピフィラティス、(1回税別1万~2万円 3~10回がおすすめ)で、
骨盤底筋群のパワーをアップ、またはリラックスさせる治療をお勧めします。

③ 性交痛がメイン症状の場合
⇒骨盤底リハビリテーションに加え、
潤滑剤やダイレーターの使用をお勧めすることがあります。
f:id:sekiguchiyuki:20180401101138j:plain
f:id:sekiguchiyuki:20180401101150j:plain