関口由紀のブログ

女性医療クリニックLUNAグループ理事長のプログです。健康ネタ、マンガネタバレ、旅行ネタ、歌舞伎ネタが豊富です。

気候と外来の長さの関係

季節に変わり目で、
急に気圧が上がったり、下がったりすると
漢方的な”水”
西洋医学的な、免疫系のわずかな変動が起こり、
漢方的に虚証の人、西洋医学的に体が弱い人は、粘膜の異常が起こり、
・喉が痛い
・頭が痛い
・口の中が痛い
・胃が痛い
・膀胱が痛い
・子宮が痛い
・肢がむくむ

朝の早い順番の患者さんから、
本日は気圧変化が大きい日だという事がすぐに分かります。
みんな体調不良になり、訴えが多くなるのです。

訴えを聞く側の医者も同様に気圧の影響を受けやや体調が悪化し
いつもより患者の訴えを聞くのに努力が必要になります。

そして最終的に、外来がとても混んでしまい
外来が終わると、医者は疲労困憊になります。

私は、本日は気圧変化の大きい日だと気がつくと、
本日は大変だなと認識し、気合を入れます。

さて今日は、ちょっと気圧変化が大きい日だったと思いますが、
注意して深酒をさけ、早く寝ようと思っています。

依存症体質

自分が、依存症体質であることは、高校生の頃から自覚がある。
その後30年、
依存症の自分と付き合ってきているのだが、
この付き合いもいい時と悪い時がある。
現在は、かなり長い間の友、
アルコールとの関係性が微妙なのだ。

私は普段、ハイボールは焼酎のお湯割りを
2~3杯毎日のむ生活を続けている。
しかし最近会合やパーティーで、5~6杯飲んでしまうのだ。

昔は、このくらい飲んでも、
翌日そんなに辛くなかったが、最近はめちゃくちゃ朝が辛い
嘔気とうつ気分で、起き上がるのがやっと。
それで朝は、
”もう絶対酒を辞めよう”と誓う
だが夜になると飲んでしまうのである。

しかし、しかししかし
2~3杯で辞められば、
翌日は、そんなに気分悪くなく生活できるのである。

そこで、
会合で5~6杯飲むのを回避するため、1杯しか飲まず、
帰ってきてからの楽しみに1杯をとっておこうかと思っている。

そんなに辛いならば、すっぱり酒を辞めろと家族はいうし、
アルコール依存症の本にも、
すっぱりやめないと依存症は治らないと書いてある。
しかしそんなにすっぱり辞められたら
もともと依存症体質ではない人なのだ。

そういえば、こういう話がある。
依存症体質の米国のアーチストが、
酒、たばこ、女、ドラッグときて
最後に依存したのが、ジョギング。
ジョギングならば、健康によくて問題はないと思われるが、
彼は、なんとジョギングに依存しすぎて、
両足の疲労骨折を起こしてしまったということだ。

しかし依存症も、
丈夫な体と、金銭的・空間的自由があるから許される面がある。
私の父は、胃がんになりながら
酒もたばこも、やめられない依存症体質だったが、
亡くなる最後の4週間は、
入院ベットの上で、体力と自由を奪われ、完全に禁煙、禁酒できた。
モルヒネ投与が開始されたので、こちらに依存できたとも言える。)

依存症体質の人間は、
さように心が弱く、
心が弱いために、
体を壊し、
平均余命より早く
人生を終えるわけである。


・・・と暗くなったが、
家族に、嘲笑されながら、
しばらく減酒作戦を実行してみたい。

千葉鴨川は遠かった。国際女性泌尿器科学会 アジア分科会に来ています。

昨日私は、
午後2時30分に横浜のクリニックを出発
千葉鴨川に電車で向かいました。
到着したのは午後7時。

周りの学会参加者に聞いたら、
電車よりバスのほうが便の数があり早く到着するとのことでした。

大阪ならば、午後5時には仕事か宴会をしていますので、
大阪より鴨川のほうが、2時間遠いということになります。

しかも宿に食事を頼んでなかったら、食事は出せないとのこと。
駅前の食堂で取ることになりました。

すっかり疲れたので、
本日は午前は少しゆっくり学会に参加することにして、
朝風呂に入りました。
安房小湊 ホテル三ケ月
展望露天風呂が素晴らしい。

太平洋が一望できる露天風呂は、とても気分がいいです。
しかし朝9:00までというのがチョット問題。

学会は今のところ、
知識のまとめと各国の状況を
アジア各国の先生が、英語で語っています。

明日は、横浜に帰って、
乳腺外科の先生たちを夕食会の予定です。
(ルナの乳腺外科が、強化させる予定です。
その話は、また明日)

嘔吐発作で、夕方の外来できなくなり、5-6名の患者さんに御迷惑をおかけしてしまいました。

先週の金曜日からどうも、
左の股関節周囲が痛くて、
その痛みがすこしずつ悪化してしまい。
一昨日は、ロキソニン飲んでも
痛みが良くならないので、リリカを内服、
75mgではいまいち痛みが改善しないので、
2時間後にもう75mgのんだら、
その2時間後くらいから、
嘔吐発作が収まらなくなってしまいました。
結果的に夕方の外来ができなくなって
5-6人の患者さまに、薬処方だけで
帰っていただくことになり
大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
以前からリリカ150mgくらいは飲んだ経験があり、
そんなに副作用が起こらなかったことから、
たかをくくっていましたが、
今回はひどい目にあってしまいました。
それでリリカはやめているんですが、
それでも股関節は痛いんです。
それでワントラム飲んだら、
体中が痒くて、痒くてしかたありません。
体が弱っている時は、副作用が強くでるということを
身をもって体験しています。
この痒みも我慢できないので、
本日からは痛み止めなしで、
様子をみようと思っていますが、
ついに関節の悩みでQOLが低下する
年齢になってしまったかと
ちょっと寂しくなっています。
まあ直れば、もとに戻るんでしょうけど。
数日はおとなしくしています。

アラフィフ女性のセックス指南書”快体新書”の監修終了

数日前に「全ての作業をやる気がしない。」と書きましたが、
脳内のアドレナリン出てきて、
”快体新書”の監修終了
東洋医学会の抄録送付の作業終了

あとは性機能学会の抄録送付
PHP尿のトラブルの本の監修
火曜日のレミントン講演スライド作成を、
終わらせれば、11月は乗り切れそうです。

この快体新書
ゆうこさんというライターが書いて私が監修している
アラフィフの2人が書いたアラフィフのための
セックス指南書です。
ユウコさんが優秀なので、
とっても読みやすい本なのに、内容は濃い良い本になりました。
来年の年始には発売されると思うので、
読んでください。

ルナ温泉部始動

昨日と本日、ルナ温泉部第1回会合をしました。

 

昔はよくあって、最近はほとんどなくなった、

「毎月温泉のために積み立てし、年1回温泉に行こうという」クリニック内企画。

看護師の中島さんの音頭とりで実現しました。

第1回は、湯河原温泉

泉質は、単純アルカリ泉

温度も適温で、どんな年代の人でも楽しめる温泉です。

行きも、宿でも、帰りも紅葉狩り三昧

 

また明日から働きます。f:id:sekiguchiyuki:20171124174645j:image

よしもと西梅田劇場行ってみました。

11月18日に大阪で、上七軒の芸者さんと記念撮影をして、
19日、20日、21日と横浜のクリニックで働き、
21日夜大阪に舞い戻り、よしもと西梅田劇場
はじめて行ってきました。

実は最近、一人遊びの努力しているんですよ。
このブログでも、時々書いていると思いますが、
女性は最後の時期を、一人暮らしする確率がとても高いんです。
よって、一人遊びがうまい人ほど老後が充実するんです。
一人遊びのカードが多ければ多いほど、
今後の人生楽しめると思ってがんばっています。


それでよしもと新喜劇の感想

この劇内では、登場人物がよくセリフ間違えるんです。
それで笑いを取るんですが、
一生懸命セリフを覚えても、間違える天然系の芸人さんもいるとは思うんですが、
笑いを取るためにわざと間違えて、
あまり練習しないで本番にでている可能性もあるなーと
思います。

でも間違え方も重要で、
同じ間違いでも”間”が大切なんです。

内容より”間”が全て、この間のとり方って
関西>関東
男性>女性
遊び人>真面目
のほうがうまい気がします。

関東の女性で、真面目なおばさんである私は、
もっと間を意識して生活しようと思います。